航空自衛隊について  

ホーム > 航空自衛隊について > 航空自衛隊の役割 > 日本の平和を空から守る 安全保障協力の推進

日本の平和を空から守る 安全保障協力の推進

日本の平和を空から守る 安全保障協力の推進

幅広い国々との共同訓練・演習

他国との共同訓練を実施することにより、部隊の戦術技量の向上並びに相互理解の促進及び防衛協力の更なる深化を図っています。

日印共同訓練(2018年10月)

能力構築支援

能力構築支援とは、自衛隊が持つ知見を活用し、他国軍の能力向上を支援するもので、2012年度以降継続的に実施しています。航空自衛隊は今まで、インドネシア、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、タイ及びベトナムに対する支援を行ってきました。

小牧基地におけるベトナム防空・空軍の航空救難研修(2018年6月)

防衛協力・交流

各国との相互理解・信頼関係の増進は、安全保障環境の安定化の基礎です。これに加え、共通する安全保障上の課題について協力関係を構築・強化するなど多層的な防衛協力・交流を推進しています。

  • インド空軍参謀長来訪(2018年12月)
  • ベトナム防空・空軍司令官訪問・会談(2019年1月)