航空自衛隊について  

ホーム > 航空自衛隊について > 航空幕僚長挨拶

航空幕僚長挨拶

 

暑さが日ごとに加わる季節となりました。航空自衛隊ホームページをご覧の皆様、いかがお過ごしでしょうか。

先月4日、小牧基地におきまして、第1輸送航空隊、第5術科学校の航空管制シミュレーター、機動衛生隊の機動衛生ユニットやKC-767及び救難部隊を視察しました。限られた視察時間ではありましたが、主要な装備品の視察のほかに、初級幹部隊員及び准曹隊員と各30分の懇談、活躍隊員への激励を行うなど、現下の隊員の思いを感じる機会も得ることができ、有意義な視察となりました。また、前日の午前中に、今回初めての試みですが、現地での視察を効率的に実施するために、小牧基地の主要な「幹部あいさつ」と、通常時間を要する「状況報告」をオンラインで終えるなど、新型コロナウイルス感染症対策に万全を期すため、部隊視察の実施要領も改善を続けています。

また、同日、F-35戦闘機の最終的な組み立てを行うFACO(Final Assembly & Check Out)や同戦闘機の整備拠点(リージョナル・デポ)である三菱重工業名古屋航空宇宙製作所小牧南工場及びPAC-3MSEの生産などに取り組んでいる名古屋誘導推進システム製作所を実地に視察してきました。次期戦闘機関連技術や弾道ミサイル防衛事業について説明を受け、改めて国内企業の技術力の高さを実感しました。

我々は、24時間365日上空を見上げ、我が国の平和と安全を守るため、任務に邁進する所存であります。航空自衛隊に対するご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

すぐそばにいる、頼もしい航空自衛隊
~ 24時間365日、上空を見上げています ~
 

令和3年7月1日 航空幕僚長 空将 井筒 俊司

     
img01 img02
小牧基地での儀じょうの様子
 
小牧基地所在隊員(空曹)との懇談
 
img03 img04
第5術科学校視察
 
機動衛生ユニット視察
 
img01 img02
KC-767視察
 
救難教育隊視察
 
img03 img04
三菱重工業名古屋航空宇宙製作所小牧南工場視察
 
三菱重工業名古屋誘導推進システム製作所視察
 


略 歴

昭和61年 3月
入隊
平成23年 8月
第6航空団司令兼ねて小松基地司令(小松)
平成24年 7月
南西航空混成団副司令(那覇) ※現:南西航空方面隊
平成26年 8月
防衛監察本部監察官(市ヶ谷)
平成28年 7月
航空幕僚監部人事教育部長(市ヶ谷)
平成29年 8月
西部航空方面隊司令官(春日)
令和元年 8月
航空総隊司令官(横田)
令和 2年 8月
現職