航空自衛隊について  

ホーム > 航空自衛隊について > 航空幕僚長挨拶

航空幕僚長挨拶

 

風薫るさわやかな季節となりました。航空自衛隊ホームページをご覧の皆様、いかがお過ごしでしょうか。

航空自衛隊では、引き続き新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、「三つの密」、感染リスクが高まる「5つの場面」を避ける等の「新たな生活様式」を実践しつつ、与えられた任務を着実に遂行するとともに、必要な練成訓練を継続しています。そのような中、隊員がコロナ疲れやコロナ慣れにならないようにするとともに、専念できる大切な任務があるという、また、特別な存在なのだという感謝の気持ちを持つことで、前向きに考えようと伝えています。どうぞ皆様も、私たちと共にコロナに負けないよう、感染防止策を続けるとともに、航空自衛隊の活動を見守っていただけると幸いです。

さて、先月4月19日(月)から同月25日(日)の間、米国に出張し、私が米空軍大学に留学した際の同期生でもあり、現在米空軍のトップである参謀総長(ブラウン大将)と米宇宙軍のトップである作戦部長(レイモンド大将)の二人との会談に加え、米宇宙コマンド司令官(ディキンソン大将)等との会談、そして、米軍の宇宙作戦関連部隊の訪問を実施しました。

本米国出張は、航空幕僚長着任後、初めて米空軍参謀総長等との対面による会談を伴うものであり、安全保障上の課題等について意見交換を実施し、日米防衛協力と「自由で開かれたインド太平洋」の維持・強化に向けて、空軍種間及び宇宙軍種間協力を深化するとともに、基本的価値観を共有し、志を同じくする各国の空軍等との緊密なパートナー・シップのネットワークを構築・強化していくことを確認しました。

我々は、24時間365日上空を見上げ、我が国の平和と安全を守るため、任務に邁進する所存であります。航空自衛隊に対するご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

すぐそばにいる、頼もしい航空自衛隊
~ 24時間365日、上空を見上げています ~
 

令和3年5月1日   航空幕僚長 空将 井筒 俊司

 
img01 img02
米空軍参謀総長ブラウン大将
 
米宇宙軍作戦部長レイモンド大将
 
img03 img04
米宇宙コマンド司令官ディッキンソン大将
 
米海兵隊総司令官補トーマス大将
 
img03 img04
ピーターソン空軍基地訪問
 
ヴァンデンバーグ空軍基地訪問
 


略 歴

昭和61年 3月
入隊
平成23年 8月
第6航空団司令兼ねて小松基地司令(小松)
平成24年 7月
南西航空混成団副司令(那覇) ※現:南西航空方面隊
平成26年 8月
防衛監察本部監察官(市ヶ谷)
平成28年 7月
航空幕僚監部人事教育部長(市ヶ谷)
平成29年 8月
西部航空方面隊司令官(春日)
令和元年 8月
航空総隊司令官(横田)
令和 2年 8月
現職
-endBody--> ��にコンテンツが入ります▲--> -endBody--> own/3.3.5/dropdown.min.js"> -endBody-->