航空自衛隊について  

ホーム > 航空自衛隊について > 航空自衛隊の役割 > 日本の平和を空から守る 進化する航空自衛隊

日本の平和を空から守る 進化する航空自衛隊

領域横断作戦(クロス・ドメイン・オペレーション)

現代戦においては、宇宙・サイバー・電磁波という新たな領域と従来の陸海空領域の能力を領域横断的に融合させ、その相乗効果によって全体としての能力を増幅することが死活的に重要です。領域横断作戦(クロス・ドメイン・オペレーション:Cross-Domain Operations)を実現し、個別の領域における能力が劣勢である場合でもこれを克服し、彼我の能力差を縮減することにより、我が国の防衛を達成します。

新たな領域への対応

宇宙領域の能力強化

宇宙領域を専門とする部隊1個隊を新編して、安定的な宇宙利用に寄与します。

サイバー領域の能力強化

空自が利用するサイバー空間の安定的な利用を確保するための能力を強化します。

電磁波領域の能力強化

電磁波領域の優越を確保するため、相手方のレーダーや通信等を無力化するための能力を強化します。

  • 電子戦能力の高いF-35戦闘機等の整備
  • F-15戦闘機の能力向上

従来の領域における能力の強化

弾道ミサイル、巡航ミサイル、航空機等の多様化・複雑化する経空脅威に対し、最適な手段により効果的・効率的に対処するため、陸海空の装備品を一体的に運用する体制を確立します。

総合ミサイル防空能力の構築 ※総合ミサイル防空の一例