トップ > 本部長からのご挨拶

こじゃんと言う介

自衛隊高知地方協力本部長
1等陸佐 森岡 雄介(もりおか ゆうすけ)
昭和 42年 8月生まれ
高知県南国市後免町
防衛大学校第35期
高知県学芸高校27期
鳶ヶ池中学校

 こんにちは、いかがお過ごしでしょうか?
 国際情勢と我が国周辺情勢は予断を許さない厳しい状況です。

 今回は小官の私的なことを書きます。
 日本でのヘルムート・フォン・モルトケ プロイセン陸軍参謀総長に関する研究の第一人者であられた、片岡徹也先生が急逝されて来月で11年となります。モルトケは普墺戦争、普仏戦争をドイツの勝利に結びつけた参謀総長であり、現代にも通ずる近代参謀システムと訓令戦術と呼ばれる分権指揮を考案しプロイセン・ドイツ陸軍に根付かせた軍人です。
 片岡先生は用兵思想史研究家であり、用兵思想という軍隊がシステムとして動くための背景にある思想の変遷を追い、この思想の流れが将来どこに向かうのかと研究を重ねられていました。小官は、平成20年の統合幕僚監部防衛課での統合ドクトリン担当時、先生と出会い薫陶を受け、本質を見抜く力の一端を教わることできました。
 今日は、片岡徹也先生の座右の銘を紹介します。「ある無名兵士の詩」と言われるものです。


 “大きなことを成し遂げるために、強さを与えてほしいと神に求めたのに、
 謙遜を学ぶように、弱さを授かった

 偉大なことができるようにと、健康を求めたのに、
 よりよきことをするようにと、病気を賜った

 幸せになろうとして、富を求めたのに、
 賢明であるようにと貧困を授かった

 世の人々の称賛を得ようとして、力と成功を求めたのに、
 得意にならないようにと失敗を授かった

 人生を楽しむために、あらゆるものを求めたのに、
 あらゆるものをいつくしむために人生を授かった。

 求めたものは、一つとして与えられなかったが、
 願いは全て聞き届けられた。私はもっとも豊かに祝福されたのだ“


 防衛医大・防衛大、海空自航空学生、一般曹候補生・自衛官候補生の志願をお待ちしています。
 梅雨が近づいております。皆様、ご自愛ください。

                             

本部長 経歴等

  • 平成 3年 9月 第2対戦車ヘリコプター隊(八戸)
  • 平成10年 8月 幹部学校付(指揮幕僚課程)(目黒)
  • 平成12年 8月 航空学校第1教育部 航空運用教官(明野)
  • 平成14年 3月 中央業務支援隊付(産経新聞研修)(市ヶ谷)
  • 平成15年 3月 陸上幕僚監部人事部人事計画課(市ヶ谷)
  • 平成18年 8月 第3対戦車ヘリコプター隊 第2飛行隊長(目達原)
  • 平成19年 8月 統合幕僚監部防衛計画部防衛課(市ヶ谷)
  • 平成22年 8月 幹部学校付(幹部高級課程)(目黒)
  • 平成23年 8月 第4対戦車ヘリコプター隊長(木更津)
  • 平成25年 8月 東部方面総監部人事部人事課長(朝霞)
  • 平成27年 8月 特別輸送ヘリコプター隊長(木更津)
  • 平成28年12月 陸上幕僚監部人事部人事計画課予備自衛官室長(市ヶ谷)
  • 平成30年 3月 陸上自衛隊教育訓練研究本部 主任教官(目黒)
  • 平成30年12月 西部方面混成団 副団長(久留米)
  • 平成31年 4月 健軍駐屯地業務隊長(健軍)
  • 令和 2年 3月 現 職