司令官等について

  • 潜水艦教育訓練隊(HP

          

    ■潜水艦教育訓練隊司令

     本ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。潜水艦教育訓練隊司令の目加田です。

     潜水艦教育訓練隊は、広島県呉市に本部を構える「潜水艦」、「深海救難艇DSRV」の要員養成及び就役潜水艦に対する訓練支援等幅広く行っている、潜水艦隊に所属する教育機関です。

     潜水艦教育訓練隊は、昭和44年の開隊以来、今日までほぼすべての潜水艦要員を輩出してきました。潜水艦教育訓練隊における教育の基本方針は、潜水艦乗員総員が潜水艦の構造、機能も知り尽くして安全に運航しようという「KNOW YOUR BORT」を基軸に、強大な水圧下を行動する潜水艦の戦闘員が備えるべき資質を涵養するとの観点からの「相互信頼に基づく団結心」「過酷な任務遂行に備えた心身の練磨」を併せた3つを柱としています。

     潜水艦教育訓練隊は、今後とも国民の負託にこたえることができますよう、努力してまいりますので、より一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

    潜水艦教育訓練隊司令
    1等海佐 目加田 克彦

    ■潜水艦教育訓練隊 先任伍長

     当隊は、海中を仕事の場とする潜水艦隊の「サービススクール、フリートスクール、シミュレーション訓練等」の業務に携わるエキスパートを養成する部隊です。

     当隊司令の指導の下、職員一人ひとりがそれぞれの立場で日々努力し、今後の潜水艦部隊を支える要員養成に取り組んでいます。

     このホームページにより、皆様におかれましては、当隊へのご認識とご理解を深めていただく一助になれば幸いであります。

    潜水艦教育訓練隊先任伍長
    海曹長 村上 正人

    令和3年4月1日、横須賀潜水艦教育訓練分遣隊戦術科が新設されました。