SACO最終報告の概要

SACO最終報告は以下の4項目から構成されています。

土地の返還

SACO最終報告が実施されることにより返還される土地は、沖縄県に所在する在日米軍施設・区域の面積の約21%(約5,000ha)に相当し、復帰時からSACO最終報告までの間の返還面積約4,300haを上回るものとなります。

土地の返還

土地の返還については、普天間飛行場をはじめとする11の施設・区域が全部又は一部返還の対象となっています。

SACO最終報告関連施設・区域

SACO最終報告関連施設・区域

訓練及び運用の方法の調整

県道104号線越え実弾射撃訓練の本土演習場への移転、パラシュート降下訓練の伊江島補助飛行場への移転など

騒音軽減イニシアティヴの実施

嘉手納飛行場における海軍航空機などの運用の移転及び遮音壁の設置など

地位協定の運用の改善

任意自動車保険への加入、損害賠償請求手続の改善など

関連リンク