防衛装備庁

電子署名付きメールの運用

防衛装備庁はすべてのメールに電子署名を付与します。

防衛装備庁では、標的型メール及びなりすましメールに対する対策として、令和2年10月から外部とのやり取りに使用するすべてのメールに対し電子署名を付与します。これにより、送信メールに対する真正性を保証します。

電子署名付きメールを受信した場合の確認方法

防衛装備庁が送信した電子署名付きメールを受信した場合は、以下の方法で防衛装備庁であることを確認することができます。

○送信元アドレスが以下の2つであること。(赤字は防衛装備庁のドメインです。)

・○○@atla.mod.go.jp

・○○@cs.atla.mod.go.jp

○電子証明書の発行者が以下であること。

JCAN Public CA1 - G4

なお、電子署名付きメールに対応していないメールソフトで電子署名付きメールを受信すると、電子署名が検証できず「smime.p7s」というファイルが添付される場合があります。

ご注意いただく事項

受信したメールが防衛装備庁職員を名乗ったものであったとしても、電子署名が付いていない場合は、防衛装備庁職員になりすましたメールの可能性がありますので、添付ファイルの開封やURLをクリックしないようお願いします。

ページTOPへ戻る