南西航空方面隊
Southwestern Air Defense Force

ホーム > 活動状況

活動状況

平成31年3月5日(火) 沖縄にて日米将官級懇談会を開催

 南西航空方面隊は3月5日、空自那覇基地において今回4回目となる 日米将官級懇談会を開催しました。懇談会は、前日に開催された 南西地域の3自衛隊(西部方面隊、佐世保地方隊、西部航空方面隊及び南西航 空方面隊) 指揮官による西部地区指揮官会議に引き続き開催され、自衛隊指揮官のほか 同地域の在日米軍(第3海兵遠征軍、第7艦隊揚陸部隊、第18航空団) 指揮官を交えて意見交換を行いました。主催者挨拶で上ノ谷南西航空方面隊司令官が 沖縄を含む南西地域を守る日米指揮官が日頃から顔を合わせて話をすることの重要性を 強調したように、日米指揮官は、周辺情勢及び日米の連携深化について忌憚なく意見を交わし、 盛況のうちに閉会しました。
集合記念写真


平成31年3月2日(土) 南西航空音楽隊第33回定期演奏会開催

 南西航空方面隊は3月2日、沖縄コンベンションセンター (沖縄県宜野湾市)において南西航空音楽隊第33回定期演奏会を開催しました。 演奏会は、音楽とともにジャズの歴史をたどる構成であり、 自衛隊唯一のジャズバンドである南西航空音楽隊の本領を発揮しました。  また、米空軍太平洋音楽隊アジア(横田米空軍基地)のヴォーカリストであるフォーリー氏と初共演し、 日米の友好関係を深めることができました。 演奏会は、約1,300名の観客と一体となって盛況のうちに閉会しました。
共演風景


平成30年11月1日(木) 平成30年度南西航空方面隊司令官感謝状贈呈式

 平成30年11月1日(木)、南西航空方面隊司令官は 平成30年度南西航空方面隊の発展に特に功績のあった 1団体及び5名の方に感謝状を贈呈しました。
感謝状贈呈 終了後の基地見学


平成30年8月27日(月)~31日(金) 日米共同飛行場被害復旧等訓練

 平成30年8月27日(月)から8月31日(金)の間、 航空自衛隊那覇基地において、第9航空団、南西航空警戒管制団及び 南西航空施設隊が、米空軍第18航空団と日米共同飛行場被害復旧等訓練を実施しました。 この訓練は、飛行場等被害復旧対処に関して高い能力を有する 米軍施設部隊と共同で訓練を実施することで相互の能力の向上と 共同対処要領の確立を図ることを目的としています。 参加隊員は米空軍との意見交換及び共同訓練を通じて相互理解を深め、 日米協力の重要性を再認識しました。 今後も継続的に、飛行場被害復旧等対処に係る練度維持、 能力向上、共同対処要領の向上を図っていきます。
滑走路補修用の器材操作 滑走路の補修

航空機拘束装置の展張 集合写真


平成30年8月6日(月)~8日(水) 日米共同航空機火災対処訓練

 平成30年8月6日(月)から8月8日(水)の間、第9航空団は、 米空軍嘉手納基地において第18航空団と日米共同航空機火災対処訓練を実施しました。 本訓練は、航空機火災対処に関して高い知見を有する米軍との間で、 日米の消防部隊による訓練を実施し、能力の向上と共同対処要領の確立を図ることを目的としています。 参加隊員は米空軍との意見交換及び共同訓練を通じて、相互理解を深め、今後の日米協力深化の礎を築きました。 今後も継続して実施することにより、航空機火災対処に係る練度維持、能力向上、 共同対処要領の向上を図っていきます。
ブリーフィング 模擬航空機を使用した消火訓練

消火クルーによる機内進入 集合写真


平成30年7月8日(日) 日米親善野球開催

 平成30年7月8日(日)快晴の基地グラウンドにおいて、 南西航空方面隊司令部と在沖米国総領事館及び米海兵隊の日米親善野球が行われました。 今回で3回目となる親善野球は、第3海兵遠征軍司令官ニコルソン中将と 在沖米国総領事エレンライク氏の送別を兼ねて行われ、南西航空方面隊司令官と 那覇基地司令も応援に駆けつけました。結果、在沖米国総領事館及び米海兵隊チームが 逆転の末勝利するという送別試合に相応しいドラマティックな展開となりました。 試合後は全員でランチを摂り、野球を通じて日米間の絆をより強固なものとすることができました。
過去の試合結果
南西航空方面隊司令部チーム     2勝
在沖米国総領事館及び米海兵隊チーム 1勝
集合写真 試合風景


平成30年5月29日(火) PAC-3機動展開訓練

 平成30年5月29日(火)、南西航空方面隊第5高射群第16高射隊(航空自衛隊知念分屯基地)は、 海上自衛隊勝連地区において、ペトリオットミサイルPAC-3の機動展開訓練を実施し、 本訓練の様子を報道公開しました。第16高射隊長 園田 政隆(そのだ まさたか)2等空佐は、 記者からのインタビュー取材に対して「様々な情勢の変化は認識しており、隊員については、 与えられた任務を完遂できるように緊張感を持って勤務をしている。」と述べました。
入門状況 器材布置状況

器材布置完了状況 第16高射隊長へのインタビュー状況


平成30年5月20日(日) 南西航空音楽隊が感謝状をいただきました

 南西航空音楽隊は、平成30年5月20日(日)波上宮(那覇市)の「なんみん祭」において派遣演奏を実施しました。 演奏会は、スイングジャズの名曲メドレーなど南西航空音楽隊の持ち味を十分に発揮した演奏と 音楽隊長の楽しいトークにより、笑顔が絶えないものになりました。また、今年は「なんみん祭」 実行委員会結成25周年の節目にあたり、南西航空音楽隊が多年に亘り「なんみん祭」奉納諸行事の振興に尽力し、 地域融和と青少年健全育成に寄与したとして、「なんみん祭」実行委員会と波上宮から感謝状をいただきました。
演奏風景 感謝状授与の様子


平成30年4月29日(日)~同年5月2日(水) 災害派遣(給水支援)

 平成30年4月29日(日)から同年5月2日(水)の間、南西航空方面隊は、 沖縄県知事の要請を受け、宮古島市に対する災害派遣を行いました。 災害派遣は、同市伊良部島南区の断水に伴う給水支援であり、第53警戒隊(宮古島分屯基地)は、 派遣期間中、延べ408人の隊員を派遣し、約1万490リットルを給水しました。 復旧後、下地敏彦宮古島市長が古田桂子第53警戒隊長を訪ねられ、 「給水車が足りないなか、急なお願いにもかかわらず丁寧に対応していただいた」と謝意を述べられました。 市長の謝意に対し古田隊長は、「島の皆様のために少しでも力になれたのであれば光栄」と応じました。 南西航空方面隊は、このような災害が発生した場合に備え、関係自治体等との連携を強化するとともに、 防災訓練等を通じて地域の方々の安心・安全につながる活動を実施していきます。
給水活動 宮古島市長と第53警戒隊長


平成30年4月13日(金) 航空総隊司令官から第3級賞状受賞

 4月13日(金)、服務無事故を達成したとして、南西航空方面隊司令部、 南西航空施設隊及び南西航空音楽隊が、航空総隊司令官から第3級賞状を受賞しました。 それに伴い4月27日(金)に南西航空方面隊司令官による表彰状伝達式を行いました。
賞状及び記念品(南西航空方面隊司令部) 集合写真(南西航空方面隊司令部)

南西航空施設隊 南西航空音楽隊


平成30年4月25日(水) 沖縄にて日米将官級懇談会を開催

 航空自衛隊那覇基地にて今回で3回目となる日米将官級懇談会を開催しました。 同日に開催された南西地域の3自衛隊(西部方面隊、佐世保地方総監、西部航空方面隊及び南西航空方面隊) 指揮官による西部地区指揮官会議に引き続く形で開催され、各自衛隊指揮官のほか在日米軍 (第3海兵遠征軍、第7艦隊水陸両用部隊、第18航空団)指揮官を迎えて意見交換を行いました。 南西航空方面隊司令官 上ノ谷空将が、主催者挨拶で沖縄を含む南西地域を守る日米指揮官が直接顔を 合わせて話しをすることの重要性を強調しました。限られた時間ではありましたが、日米指揮官は、 周辺情勢及び自衛隊と米軍の連携深化について忌憚なく意見を交わし、 自衛隊統合運用の実効性向上のみならず強固な日米同盟を確認できた有意義な懇談会となりました。 最後に次回もまた沖縄で開催することを約束し盛況のうちに閉会しました。
集合記念写真


・過去の活動状況はこちら