基地開庁50周年特設ページ

沖永良部島分屯基地は、開庁50周年記念して黒檀を植樹しました。黒檀には「強い意志、固い信念」という意味があるそうです。隊員一同、沖永良部島の空を守る、そして日本の空を守るという強い意志を持って引き続き任務に邁進します。

料理長(白石技官)コメント
沖永良部産の島桑、キクラゲ、マンゴーを使用して記念献立を作りました。桑そばは、そばに桑粉を練りこんであるそばを冷やしそばにし、キクラゲはぷりぷりコリコリの食感で、風味漂う桑粉をまぶした衣で一味違う天ぷらに仕上げました。 マンゴープリンは、マンゴーの甘みのきいたプリンで上に乗せたマンゴーピューレで果肉感をアップさせ、沖永良部の材料をふんだんに使用した良い献立ができました。