航空自衛隊について  

ホーム > 航空自衛隊について > 航空幕僚長より

航空幕僚長より

第35代航空幕僚長
丸 茂 吉 成
(ま る も よ し な り)

防衛大学校27期
群馬県出身
平成29年12月 航空幕僚長に就任

 

朝夕に秋の気配が感じられるようになりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

この度の令和元年8月の大雨、台風15号等で被害に遇われた方々に対し、心からお見舞い申し上げます。

さて、航空自衛隊は、本年9月11日から10月8日までの間、千歳基地や三沢基地並びに同周辺空域において、日豪共同訓練「武士道ガーディアン19」を実施しております。

本訓練は、航空自衛隊と豪州空軍が、日本国内で初めて行う戦闘機による共同訓練です。これまで航空自衛隊は、米国、英国以外の戦闘機と日本国内で共同訓練を実施したことはありません。豪州は、我が国にとって普遍的価値と戦略的利益を共有する「特別な戦略的パートナー」であり、今回、豪州空軍とこのような共同訓練を実施したことは大変意義深いものと感じています。

私は、9月25日(水)、千歳基地において行われた日豪共同訓練記念式典に参加するとともに、この歴史的かつ象徴的な機会を捉え、豪州空軍本部長ハプフェルド中将と共同発表を実施いたしました(共同発表の内容は、航空自衛隊のホームページでご確認できます。)。

いずれにしましても、本訓練が、航空自衛隊と豪州空軍との友好・信頼関係を深める起点として、将来にわたり語り継がれるであろうと確信しています。

また、本訓練が実施できたのは、平素より自衛隊の活動にご理解をいただいている地元自治体、住民の皆様のお力添えによるものと、深く感謝申し上げます。

今後とも、皆様の航空自衛隊に対するご理解とご協力を、よろしくお願い申し上げます。

令和元年10月1日   航空幕僚長 空将 丸茂 吉成


略 歴

昭和58年 3月
入隊
平成21年 7月
第8航空団司令(築城)
平成24年 1月
航空幕僚監部運用支援・情報部長(市ヶ谷)
平成25年 8月
航空幕僚監部防衛部長(市ヶ谷)
平成26年 8月
西部航空方面隊司令官(春日)
平成27年12月
航空幕僚副長(市ヶ谷)
平成29年12月
現職