TOP岡山地本ガイド>本部長の挨拶

自衛隊岡山地方協力本部長の挨拶


 
1等陸佐
松尾 幸成
昭和38年生
長崎県出身
【主要経歴】
平成18年8月 統幕防衛部計画課
平成22年3月 第5特科隊長
平成24年3月 第1師団司令部第3部長










 みなさんこんにちは
 本年度も四分の1が過ぎました。いつの間にか春から夏に変わり、この春に入社した新入社員の方々も少しずつ職場に慣れてきた頃ではないでしょうか。
自衛隊におきましても、春に入隊した自衛官候補生などが、最初の教育課程を終え、各地方の部隊での教育に旅立って行きました。

 6月末から7月初旬にかけて、各地で行われた教育課程の修了式に参加して参りましたが、自衛官候補生などの新たな隊員たちは、3ヶ月の教育を経て一様に見違えるほどの“自衛官”になっておりました。

 春の入隊式の頃、約1週間の入隊準備の間にそれなりの顔つきになっておりましたが、まだまだ“自衛官”というには程遠いイメージでした。元気はいっぱいだけど不安もいっぱいで、正に“いっぱい、いっぱい”といった印象でした。
それが、教育修了式では3ヶ月の間の学びと鍛錬で、それぞれの得たものが一人一人の隊員の顔に個性となって現れ、誠に“いい顔”になっておりました。
教育修了は赴任先の部隊に赴くことも意味しており、不安も多く、入隊時の不安気な顔に、少しだけの自信と期待が加わった、そんないい顔をしておりました。

 更に嬉しかったのは、岡山地方協力本部から入隊した多くの隊員が、成績優秀により、それぞれの入隊先で表彰を受けられたことです。
修了式に参列し、岡山から入隊した隊員達が表彰される場面を目の当たりにしますと我がことのように自慢したくなる気持ちを抑えられませんでした。

 今から益々暑くなる一方で訓練も最盛期を迎え、厳しさも増すかもしれませんが、同期の仲間と励ましあいながら、先輩隊員たちの指導に従って、元気に精進されんことを祈念します。






平成二十七年七月吉日


                                    自衛隊岡山地方協力本部長
                                    一等陸佐     松尾 幸成





ページトップへ戻る