お知らせ

艦艇装備研究所

ニュース

岩国海洋環境試験評価サテライト(仮称)有識者委員会の開催についてNEW!

概要

艦艇装備研究所は、船舶、船舶用機器、水中武器、音響器材、磁気器材及び掃海器材のシステム化技術とこれらの要素技術について研究を行っています。

システム研究部

船舶、水中武器、掃海器材に関するシステム化についての考案及び調査研究ならびに海上における試験

航走技術研究部

船体、雷体、缶体、船舶のぎ装、推進装置及び掃海器材に関する要素技術並びに船舶用機器についての考案及び調査研究

探知技術研究部

船舶、水中武器及び掃海器材に関する要素技術、音響器材及び磁気器材についての考案及び調査研究

川崎支所

磁気器材及び水中電界器材に関する調査研究

主な研究内容

大水槽

艦艇等の模型を曳引車で曳航し、流体力学的な性能評価を行うための水槽試験施設です。

水槽は長さ247m、幅12.5m、深さ7mの大きさがあり、最大8 m/sで走行する曳引車で模型を曳航します。この水槽には造波装置が有り、下の動画のように人工的に造った波の中での船体動揺を計測することもできます。

この写真は三胴船の模型を試験している様子です。

フローノイズシミュレータ

流体雑音が計測可能な大型キャビテーション水槽(フローノイズシミュレータ)は、縦横2mの正方形断面の計測胴をもち、その中では最高15m/sまで均一で乱れの少ない流れが得られます。2基の吸音塔を設置することにより、計測胴内の背景雑音はきわめて低いレベルに抑えられています。

左写真は、レーザ光でプロペラ周囲の流れを計測している様子です。フローノイズシミュレータでは、レーザ光や画像処理を応用した流れの計測が実施でき、右図に示すように、プロペラで発生する渦(赤い部分が渦の中心)の挙動を明らかにし、プロペラ放射音の低減に向けた研究をしています。

将来三胴船基礎技術の研究

多用途に運用可能な艦艇を実現するために、高速航行性能を有するとともに、動揺を抑え、かつ排水量に比して広い甲板面積を確保できる艦艇項の高速三胴船に関する基礎的な研究を実施しています。

潜水艦構造の耐衝撃性に関する研究

艦艇にとって魚雷、機雷等の水中爆発は船体構造や艦内機器の損傷を招く恐れがあります。この研究では潜水艦の内部に伝わる衝撃を低減する構造について検討し、実物大の構造模型による検証試験を実施しました。試験の結果、動画に示す大きな爆発においても、艦内に伝わる衝撃を機器が損傷しないレベルに低減できていることを確認しました。

小型光受波器要素技術の研究

海中では、物体を捜索する手段として水中目標が海中に放射する音波を捉えるソーナー(SONAR:SOund Navigation And Rangingの頭文字)が用いられます。ソーナーでは音波を受信するセンサとして、海中の音波を電気信号に直接変換する圧電素子を用いた圧電素子型受波器が一般的に用いられていますが、それに代わる新しいセンサとして光ファイバー受波器の研究を行っています。
 電気信号を直接利用する従来の圧電素子型受波器が、原理的に電子回路を必要とし、また、電磁干渉を受け易くなる等の欠点があるのに対し、光ファイバー受波器は、音波による光ファイバーコイル内の光信号の変動を利用して音波を受信する仕組みとなっているため、電子回路が不要となって構造を簡素化でき、また、電磁干渉を受けない等の利点を有します。

小型光受波器要素技術の研究では、この光ファイバー受波器を小型化することを目指しています。小型化するとコイル状に巻かれた光ファイバーの全長が減るため、その分受波感度が下がってしまいますが、本研究ではコイルが巻かれた内部の弾性円筒を構造的に柔らかくしてコイルを変動し易くすることで光ファイバー受波器を高感度化する試みを行っています。現在、2種類の光ファイバー受波器を設計・製作し、海上試験において受波感度特性等を計測し、高感度化の効果について研究しています。

UEP低減技術の研究

UEPセンサを備えた機雷の脅威に対処するためには、艦艇のUEPを低減する必要がある。近年、掃海艇から発生するUEPを模擬した掃海艇UEP模型を製作し、その基礎特性をUEP水槽実験装置で計測した。

UEP:水中電界

ページTOPへ戻る