主要装備  

ホーム > 主要装備 > U-125

主要装備 U-125

U-125

自動飛行点検装置を搭載、「航空保安無線施設」の機能を点検します

電波により航空機の航行を援助するための施設である、自衛隊の「航空保安無線施設」の機能の状態を点検するのが「飛行点検機」です。U-125は平成2年度の予算で1機の調達を開始し、計3機を取得しました。その特徴は、低高度から高高度までの飛行点検が可能で、自動飛行点検装置(米国製のAFIS)を搭載していることです。原型は英国ブリティッシュ・エアロスペース社の「BAe125-800」です。

主要諸元

主要スペック
分類 飛行点検機
乗員 7人
全幅 約15.66m
全長 約15.60m
全高 約5.36m
自重 約6,860kg
エンジン
搭載数 2基
名称 TFE731-5R-1H
推力 1,950kg/1基
型式 ターボファン
運用自重 約8.1t
性 能
最大速度 マッハ約0.8(約860km/h)
巡航速度 約740km/h
実用上限限度 約13,100m
航続距離 約5,500km

ギャラリー※引用・転載される際は出典を明記してください