航空自衛隊について  

ホーム > 航空自衛隊について > 航空幕僚長より

航空幕僚長より

第34代航空幕僚長
杉 山 良 行
(すぎやま よしゆき)

防衛大学校24期
静岡県出身
平成27年12月 航空幕僚長に就任

向春の候、余寒なお厳しい昨今ですが、みなさま、風邪など召されずにお過ごしでしょうか。

さて、年末年始を挟み、紹介が少し遅くなりましたが、私は、昨年12月18日から21日までの間、インド空軍参謀長ラハ大将からの公式招待に応じ、インドを訪問して参りました。

インドは、アジア・太平洋と中東・ヨーロッパを結ぶ海上交通路を有するインド洋のほぼ中央という、我が国にとって、戦略的及び地政学的に重要な位置に存在しています。

非常に短い期間ではありましたが、ハイレベル交流の一環として、インド空軍参謀長ラハ大将をはじめとする高官の方々と意見交換を行い、インド・アジア太平洋地域の戦略的重要性について認識を共有するとともに、両政府の間で取り決められている「日印特別戦略的グローバル・パートナーシップ」のもと、日印間の防衛協力・交流を今後も促進し、更に発展させていくことについて意見が一致しました。更に、部隊研修などの様々な機会を通じて、インド空軍への理解を深めるとともに、信頼関係を強化することができました。

また、今回の訪印が、航空自衛隊とインド空軍との防衛交流の促進に尽力してこられた、インド空軍参謀長ラハ大将の退官前に実現できたことに加え、ラハ大将の後任となられた、現空軍参謀長ダノア大将(元空軍副参謀長)とも交流でき、今後のインド空軍との人的な関係構築の観点から、非常に有意義な訪問となりました。

日本とインドは、古くからの文化的つながりと深い親善の歴史を有しています。航空自衛隊としましても、インド空軍と、今後更に様々なレベルで防衛協力・交流を深化させ、相互理解及び信頼関係の強化を図っていきたいと考えています。

引き続き、皆様の航空自衛隊に対するご理解とご支援をよろしくお願いいたします。


航空幕僚長 空将 杉山 良行


インド空軍による儀仗 前インド空軍参謀長ラハ大将との懇談
インド空軍による儀仗 前インド空軍参謀長ラハ大将との懇談
前インド空軍参謀長ラハ大将とのギフト交換 現インド空軍参謀長ダノア大将との懇談
前インド空軍参謀長ラハ大将とのギフト交換 現インド空軍参謀長ダノア大将との懇談

略 歴

昭和55年 3月
入隊
平成17年 7月
第4航空団司令(松島)
平成19年12月
西部航空方面隊副司令官(春日)
平成21年 3月
航空幕僚監部監理監察官(市ヶ谷)
平成22年 7月
航空幕僚監部人事教育部長(市ヶ谷)
平成24年 1月
航空開発実験集団司令官(入間)
平成24年12月
南西航空混成団司令(那覇)
平成26年12月
航空総隊司令官(横田)
平成27年12月
現職