航空自衛隊について  

ホーム > 航空自衛隊について > 航空幕僚長より

航空幕僚長より

第34代航空幕僚長
杉 山 良 行
(すぎやま よしゆき)

防衛大学校24期
静岡県出身
平成27年12月 航空幕僚長に就任

春風の心地よい季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、私は2月23日から3月1日までの間、ニュージーランド空軍司令官 デイビーズ少将の招待に応じて、「ニュージーランド空軍創設80周年行事(エア・タトゥー)」に参加するとともに、オーストラリア空軍本部長 デイヴィース中将の招待に応じまして、「空軍参謀長等シンポジウム」及び「アヴァロン・エアショー」に参加して参りました。

今回のニュージーランド及びオーストラリア両国の訪問におきましては、ニュージーランド空軍司令官及びオーストラリア空軍本部長との会談の中で、アジア太平洋地域の安全保障問題や地域情勢、防衛政策及び防衛協力・交流等について、幅広く相互に実のある意見交換を行いました。更に、一連の行事に参集する各国空軍高官の方々とも意見交換を行い、各国空軍との関係強化及び防衛交流の促進を図るとともに、エアショーにおける飛行展示視察や企業視察等を通じまして、最新の航空技術の動向を把握することができました

また、今回の訪問に際しましては、両国空軍から、エアショーへの航空自衛隊機の参加についても招待があったことから、KC-767空中給油・輸送機(第404飛行隊:小牧基地)を派遣して、航空機の地上展示や両国空軍の輸送機部隊等との意見交換、輸送機等の相互機体研修等を実施しました。私は、KC-767の地上展示状況を実地に確認して参りましたが、クルー達は、各国空軍部隊や現地の方々と積極的に交流するとともに、航空自衛隊を精一杯アピールしており、その姿を見て非常に頼もしく感じました。今後は、3月末に航空自衛隊美保基地に新しく配備しました、C-2輸送機(C-1輸送機の後継機)の国外への派遣や他国空軍との部隊間交流についても、国外運航の準備が整い次第、機会を見つけて積極的に推進していきたいと思います。

ニュージーランド及びオーストラリアは、自由と人権の尊重、民主主義といった普遍的な価値をわが国と共有しており、アジア太平洋地域において非常に重要な国であります。航空自衛隊としましても、両国空軍と、ハイレベルをはじめとする各レベルにおいて、幅広く交流を推進していきたいと考えています。

引き続き、皆様の航空自衛隊に対するご理解とご協力を、よろしくお願い申し上げます。

航空幕僚長 空将 杉山 良行


デイビーズNZ空軍司令官との会談 デイヴィース・オーストラリア空軍本部長との会談
デイビーズNZ空軍司令官との会談 デイヴィース・オーストラリア空軍本部長との会談
各国チーフとの集合写真
各国チーフとの集合写真
空自隊員とNZ空軍隊員の交流
空自隊員とNZ空軍隊員の交流

略 歴

昭和55年 3月
入隊
平成17年 7月
第4航空団司令(松島)
平成19年12月
西部航空方面隊副司令官(春日)
平成21年 3月
航空幕僚監部監理監察官(市ヶ谷)
平成22年 7月
航空幕僚監部人事教育部長(市ヶ谷)
平成24年 1月
航空開発実験集団司令官(入間)
平成24年12月
南西航空混成団司令(那覇)
平成26年12月
航空総隊司令官(横田)
平成27年12月
現職