航空自衛隊について  

ホーム > 航空自衛隊について > 航空幕僚長より

航空幕僚長より

第34代航空幕僚長
杉 山 良 行
(すぎやま よしゆき)

防衛大学校24期
静岡県出身
平成27年12月 航空幕僚長に就任

紅葉の彩りが美しい季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、私は、平成29年9月20日(水)から24日(日)までの間、カナダ空軍司令官フッド中将からの公式招待に応じて、二者会談等を実施するため、カナダを訪問しました。また、カナダ訪問に引き続き、平成29年9月25日(月)から29日(金)までの間、米太平洋空軍が主催する太平洋地域空軍参謀長等シンポジウム(PACS:Pacific Air Chiefs Symposium)に参加するため、米国を訪問しました。

カナダ空軍との交流では、会談等を通じて、防衛及び安全保障に関する意見交換等を行うことにより、相互理解及び信頼関係の強化を図り、カナダ空軍との防衛協力、交流を促進させるためカナダを訪問しました。前回は、平成27年10月、カナダ空軍司令官が、訪日されています。今回のカナダ訪問では、カナダ空軍司令官フッド中将、カナダ国軍参謀総長ヴァンス大将と会談を実施し、地域情勢、防衛政策及び防衛協力・交流等に関して、幅広く意見交換を実施しました。日本とカナダは、同じ太平洋国家であり、基本的価値を有するパートナーです。

また、カナダ訪問後に引き続き、太平洋地域空軍参謀長等シンポジウム(PACS)に参加しました。この太平洋地域空軍参謀長等シンポジウム(PACS)は、米国の主催で実施され、各国空軍参謀総長などが、共通の課題について意見交換を実施するシンポジウムであり、米国を始め、太平洋地域に所在する各国の参謀長等との意見交換を通じ、域内各国の相互理解を促進するとともに、安全保障上の関係を強化するものです。日本は、このシンポジウムに1989年の第1回から参加しております。

今後も、さまざまな機会を通じ、関係強化を図っていきたいと考えております。

今後とも、皆様の航空自衛隊に対するご理解とご協力を、よろしくお願い申し上げます。

平成29年10月16日   航空幕僚長 空将 杉山 良行

カナダ空軍司令官による出迎え 日米豪比4カ国会合
 
栄誉礼 太平洋地域空軍参謀長等シンポジウム

略 歴

昭和55年 3月
入隊
平成17年 7月
第4航空団司令(松島)
平成19年12月
西部航空方面隊副司令官(春日)
平成21年 3月
航空幕僚監部監理監察官(市ヶ谷)
平成22年 7月
航空幕僚監部人事教育部長(市ヶ谷)
平成24年 1月
航空開発実験集団司令官(入間)
平成24年12月
南西航空混成団司令(那覇)
平成26年12月
航空総隊司令官(横田)
平成27年12月
現職