航空自衛隊について  

ホーム > 航空自衛隊について > 航空幕僚長より

航空幕僚長より

第34代航空幕僚長
杉 山 良 行
(すぎやま よしゆき)

防衛大学校24期
静岡県出身
平成27年12月 航空幕僚長に就任


緑風の候、皆様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。

熊本地震の発災から1か月が過ぎました。現地では、仮設団地の建設が決定される等、日々、復興が進んでいると承知しております。改めまして、震災でお亡くなりになられた方々対しまして、哀悼の意を表するとともに、被災された多くの皆様に心からお見舞い申し上げます。

さて、先般、新聞等でも報道がありました「第26回危険業務従事者叙勲」及び「平成28年春の叙勲」の勲章伝達式が市ヶ谷においてそれぞれ実施されました。本叙勲は、永年にわたり国家または公共に対する功労がある方に対して授与されるものです。式典は、防衛省を挙げて盛大に執り行われました。

今回も、航空自衛隊OBから多くの方々が受章されております。危険従事者叙勲を受章された214名の皆様、春の叙勲を受章された20名の皆様、そして、受章者の方々を支えてこられたご家族や関係者様に対しまして、航空自衛隊を代表して、心からお祝い申し上げます。また、現在の航空自衛隊があるのは、諸先輩方が永年に渡って築いてこられた礎があってのことであり、重ねて感謝申し上げるとともに、今後とも変わらぬご支援、ご鞭撻をよろしくお願いする次第です。

航空自衛隊といえば、戦闘機、レーダー等といったハイテク技術や装備品に耳目が集まりがちです。しかしながら、それらを維持・運用するための教育・訓練システムや空自が有する自由闊達な組織文化、そして何より、「隊員の人間力」といったソフトパワーについても、是非、注目いただきたいと思います。優れた人材を育成し、そして、柔軟かつ強固なチームワークをもって、今後とも、我々は任務に邁進いたします。

引き続き、航空自衛隊に対する応援をよろしくお願いいたします。


平成28年5月23日

航空幕僚長 空将 杉山 良行



伝達式の様子 祝賀会食の様子
伝達式の様子(於 防衛省講堂) 祝賀会食の様子

略 歴

昭和55年 3月
入隊
平成17年 7月
第4航空団司令(松島)
平成19年12月
西部航空方面隊副司令官(春日)
平成21年 3月
航空幕僚監部監理監察官(市ヶ谷)
平成22年 7月
航空幕僚監部人事教育部長(市ヶ谷)
平成24年 1月
航空開発実験集団司令官(入間)
平成24年12月
南西航空混成団司令(那覇)
平成26年12月
航空総隊司令官(横田)
平成27年12月
現職