航空自衛隊について  

ホーム > 航空自衛隊について > 航空幕僚長より

航空幕僚長より

第34代航空幕僚長
杉 山 良 行
(すぎやま よしゆき)

防衛大学校24期
静岡県出身
平成27年12月 航空幕僚長に就任

新年明けましておめでとうございます。旧年中は、航空自衛隊に対し格別のご高配を賜り、厚く御礼申しげます。

昨年は、北朝鮮の弾道ミサイル発射や核実験への対応、熊本地震を始めとする各種災害への対応、増加の一途を辿る対領空侵犯措置など、我々は国民の安全安心のため、日夜、任務を遂行してきました。その様な中、4月6日、定期飛行点検中のU-125が墜落し、大切な仲間6名を失ったことは痛恨の極みでありました。

さて、我が国を取り巻く安全保障環境は様々な課題や不安定要素がより顕在化・先鋭化しています。北朝鮮による核兵器・弾道ミサイル開発の継続や中国による東シナ海及び南シナ海での独自の主張に基づく力による現状変更の試みは、我が国のみならず国際社会の懸念となっています。また、ロシアは、極東地域において大規模演習や部隊展開を行っており、引き続き注目が必要です。

このような中、航空自衛隊は、統合機動防衛力の着実な構築に向け、F-35A、C-2、KC-46Aなどの装備品の取得、BMD能力向上のための各種施策の推進、南西地域における防衛態勢の強化など、引き続き、国民の安心安全を確保するため、組織の精強化に努めて参ります。また、日米同盟を基軸としつつ、我が国と価値観や戦略的利益を共有する国々とも、航空自衛隊らしさを活かした防衛協力・防衛交流を積極的に行いたいと考えています。

最後に、新しい年が皆様にとって輝かしい一年となりますよう祈念し、新年のご挨拶と致します。


航空幕僚長 空将 杉山 良行


略 歴

昭和55年 3月
入隊
平成17年 7月
第4航空団司令(松島)
平成19年12月
西部航空方面隊副司令官(春日)
平成21年 3月
航空幕僚監部監理監察官(市ヶ谷)
平成22年 7月
航空幕僚監部人事教育部長(市ヶ谷)
平成24年 1月
航空開発実験集団司令官(入間)
平成24年12月
南西航空混成団司令(那覇)
平成26年12月
航空総隊司令官(横田)
平成27年12月
現職