主要装備  

ホーム > 主要装備 > F-2

主要装備 F-2

F-2

日米の先進の技術を結集して生まれました

F-2は、米国のF-16を、日本の運用の考え方や地理的な特性に合わせ、日米の優れた技術を結集し日米共同で改造開発した戦闘機です。昭和63年にFS-Xとして開発に着手し、平成7年に初飛行、12年度に開発は完了しました。F-16からの主な改造点は、旋回性能の向上のため主翼面積を増やし、軽量化のため先進材料や先進構造を取り入れたこと。また離陸性を高めるためエンジンを推力向上型に変え、さらに最新レーダーなど、先進の電子機器を採用しています。

主要諸元

主要スペック
分類 戦闘機
乗員 1~2(教育訓練用)人
全幅 11.1m
全長 15.5m
全高 5.0m
エンジン
搭載数 1基
名称 F110-GE-129(ゼネラル・エレクトリック社)
推力 13.4t(地上静止時)
型式 ターボファン・エンジン
最大離陸重量 約22t
性 能
最大速度 マッハ約2.0
武装 20mm機関砲、空対艦ミサイル、空対空赤外線ミサイル、空対空レーダーミサイル

ギャラリー※引用・転載される際は出典を明記してください