ホーム > 主要装備 > UH-60J

主要装備 UH-60J

UH-60J

航続距離が長く、広い救難可能区域を持った救難ヘリコプターです

救難ヘリコプターUH-60Jは、米国の救難専用ヘリコプターHH-60Aの航空自衛隊向け改造機。赤外線暗視装置、気象レーダーや精密な慣性航法装置を搭載しているほか、航続距離が長いので救難可能区域も広く、ほぼ防空識別圏内をカバー、遭難者を生存可能時間内に救助できる区域が広がる、などの特徴を持っています。昭和63年度に3機の調達が開始され、最終的には40機取得の予定です。なお、このうちの5機は空中受油機能が付加され、機体右前方下部にプローブ・アンド・ドローグ式の空中受油装置(プローブ)と、操縦席内に燃料制御パネルが取付けられている。

主要諸元

主要スペック
分類 救難ヘリコプター
乗員 5人
全幅(ローター部を含む) 5.43m(16.36m)
全長(ローター部を含む) 15.65m(19.76m)
全高 5.13m
ローター直径 16.36m
エンジン
搭載数 2基
名称 T700IHI-401C
連続最大出力 1,662SHP/1基
型式 ターボシャフト・エンジン
性 能
全備重量 約10.0t
最大速度 143kt(約265km/h)
巡航速度 127kt(約235km/h)
実用上限限度 13,500ft(約4,000m)
航続距離 約1,295km

| 防衛省 | 統合幕僚監部 | 陸上自衛隊 | 海上自衛隊