練習艦隊|練習艦はたかぜ

はたかぜロゴ

艦長あいさつ

    
はたかぜ艦長

はたかぜ艦長 2等海佐 大濵 英樹

    

 練習艦「はたかぜ」のHPをご覧いただきありがとうございます。
 皆様には、海上自衛隊の活動に対しまして、平素から多大なるご支援ご協力を賜り深く感謝申し上げます。

 「はたかぜ」は、「はたかぜ」型ミサイル護衛艦の1番艦(艦番号171)として昭和61年3月27日に就役、練習艦(艦番号3520)として令和2年3月19日に種別変更し、現在に至っています。 その間、昭和、平成、令和の3つの元号を通じて、約36年間日本の海を守り続けてきた自衛艦です。

 現在の「はたかぜ」は、組織の根幹である「人」を質・量ともに充実させるため、海上自衛隊の幹部候補生学校、各術科学校、教育隊等の学生に対する海上実習支援及び幹部候補生学校を卒業した実習幹部に対する遠洋練習航海・外洋練習航海(部内)を主な活動としています。
最近では、令和4年2月に幹部候補生学校を卒業した一般幹部候補生(部内)の実習幹部とともに東南アジア・西太平洋方面への外洋練習航海に出発、約40日間の海上実習を実施しました。実習幹部は、初級幹部として必要な素養を習得醸成し、出発前とは見違えるように大きく成長して帰国しました。

 これからも全乗員が「人」の充実という仕事に「誇り」をもって、「誠実」かつ「真摯」に職務にまい進する所存です。
 皆様のご理解とご支援が乗員ひとりひとりの原動力になります。このHPを通じて本艦の活動を紹介しますので、今後もご覧いただければ幸いです。

先任伍長あいさつ

はたかぜ伍長写真

はたかぜ先任伍長 海曹長 樫原 明昇

    

 皆さんこんにちは、令和4年1月11日に練習艦「はたかぜ」第2代 先任伍長に任命されました樫原曹長です。
「はたかぜ」は、昭和61年3月27日に就役し今年で37年目を迎える歴史ある船です。
 その間、多種多様な任務に就き令和2年3月19日に練習艦に種別変更され、第1練習隊に編入されました。
 練習艦とは、学生が術科技能の向上のため実技実習する艦です。乗員一同、未来の海上武人を育てるべく創意工夫し効率的に実習員がスキルアップできるよう務めています。
 「はたかぜ」は海上自衛隊で最年長の艦ですが「明るく・楽しく・元気よく」を合言葉に、はたかぜ艦長勤務方針でもある「前へ」進んでまいります。これからもよろしくお願いします。

主要要目

    
基準排水量 4,600トン
主要寸法 150×16×4.8m
(長さ×幅×喫水)
主機械 ガスタービン4基2軸
(72,000馬力)
速力 30ノット
主要兵装 54口径5インチ速射砲
高性能20mm機関砲
SSM装置一式
誘導弾発射装置
アスロック装置一式
3連装短魚雷発射管

はたかぜ写真集

練習艦はたかぜ1枚目
練習艦はたかぜ2枚目      
練習艦はたかぜ3枚目