航空救難団の紹介

ホーム > 航空救難団の紹介 > 航空救難団准曹士先任挨拶

航空救難団准曹士先任挨拶


航空救難団のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。また、平素より格別のご理解ご協力をいただき、ありがとうございます。

航空救難団は令和2年の活動としまして、対領空侵犯措置等に対する救難待機の他に、新型コロナウィルス感染症拡大防止対策を実施しながら、漁船又は離島からの緊急患者空輸、トカラ列島における台風避難のため島民空輸、熊本県球磨川流域住民の救助などを実施しました。これらの活動は、昨年11月に入間基地で実施した航空観閲式において、自衛隊最高指揮官たる菅 義偉内閣総理大臣からの訓示においても紹介されました。
我々は、感謝や励ましのお言葉は有り難く心の中にしまっておき、決しておごることなく、今までどおり引き続き、精進を怠ることなく備えていく所存です。
捜索救助・空輸の任務を最前線で実施するエア・クルーはもとより、整備支援・後方支援を実施するグランド・クルー全隊員の力によってはじめて任務が完遂できる事を再確認し、謙虚さを忘れずに一意専心、任務に邁進いたします。

今後とも、航空救難団の活動に対する皆様のご理解ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。


略歴

    平成 2年 3月    航空教育隊第1教育群(防府)
    平成 2年 8月    第5術科学校(小牧)
    平成 3年 1月    第2航空団第201飛行隊(千歳)
    平成 6年 2月    航空救難団救難教育隊(小牧)
    平成 7年 3月    航空救難団飛行群新潟救難隊(新潟)
    平成 7年 9月    陸上自衛隊 第1空挺団(習志野(空挺レンジャー課程))
    平成10年 7月    海上自衛隊 第1術科学校(江田島(開式スクーバ課程))
    平成11年 3月    航空救難団救難教育隊(小牧)
    平成18年 3月    航空救難団飛行群那覇救難隊(那覇)
    平成24年 8月    統合幕僚監部総務部総務課庶務室(市ヶ谷(統幕最先任付))
    平成26年11月    航空救難団飛行群松島救難隊(松島)
    平成29年 6月    防衛省防衛政策局国際政策課能力構築支援室兼務(ベトナム派遣)
    平成30年 4月    航空救難団飛行群新潟救難隊(新潟)
    平成30年10月    防衛省防衛政策局国際政策課能力構築支援室兼務(ベトナム派遣)
    令和 2年 4月    現職