本文へスキップ

田戸台分庁舎は横須賀鎮守府司令長官の宿舎として1913年(大正2年)に完成しました。

TEL. 046-822-3551

〒238-0015 神奈川県横須賀市田戸台90

洋館と日本家からなる木造平屋

田戸台分庁舎とは

 横須賀鎮守府司令長官の宿舎として1913年(大正2年)に完成し、終戦までに31人の歴代司令長官が居住しました。戦後は9人の在日米海軍司令官等が居住しました。
 1964年(昭和44年)に、防衛庁に移管され、現在、海上自衛隊横須賀地方総監部が管理しています。
 (詳しくは概要をご覧下さい。)

鎮守府とは

 出征の準備、防御の計画、海軍区の警備並びに所轄諸部の事務を監督する海軍の機関で、司令長官は天皇に直隷し、部下の艦船部隊を統率し、海軍大臣の命を受けて軍政を行い、作戦計画に関しては 軍令部総長の指示を受けることになっていました。
 その下に参謀長、参謀、副官、人事長、機関長、軍医長、主計長、法務長等の幕僚がおり、鎮守府所属の各庁・部隊には、人事部・艦船部・経理部・軍需部・建築部・港務部・病院・工廠(こうしょう) ・諸学校及び海兵団・航空隊・警備戦隊・防備戦隊(防備隊を含む)等がありました。


バナースペース

お問い合わせ:
横須賀地方総監部 広報係

〒238-0046
神奈川県横須賀市西逸見町
1丁目無番地

TEL 046-822-3551
平日:9時〜12時、13時〜15時