アクセスカウンター
ぶんご

掃海母艦ぶんご要目

  • 全長:141m 全幅:22m 喫水:5.4m 基準排水量:5700t 速力:22kt(約40km/h)
  • 主要装備:76mm速射砲、機雷敷設装置、司令部機能、母艦機能
  • 乗員:約130名

ぶんご艦長 2等海佐 久保山 聡

ぶんご艦長

 「ぶんご」ホームページをご覧いただきありがとうございます。

 「ぶんご」は、「うらが」型2番艦として平成10年3月に就役した掃海母艦です。本艦は掃海隊群の旗艦として、指揮通信等の支援機能を備えているほか、対機雷戦艦艇・回転翼航空機に対する各種支援及び港湾の防備等のために各種機雷を敷設することを主要な任務としています。

 過去には平成11年に地震で大きな被害を被ったトルコ共和国に対する国際緊急援助活動として、輸送艦等とともに約500戸の仮設住宅を同国に海上輸送したほか、       平成23年の東日本大震災災害派遣時の活動においては、被災地沿岸で掃海艦艇とともに行方不明者の捜索救助活動や被災者した方々への海からの生活支援にあたりました。

 近年においては、陸上自衛隊水陸機動団との水陸両用戦に関わる協同訓練、日本周辺海域における警戒監視任務にも従事しています。また、多発している自然災害発生時には、総トン数約1万トンを有する掃海母艦の各種支援能力を活かして被災した方々への生活支援(給水、入浴等支援)に従事するなど、多方面で掃海母艦の能力を発揮しています。                

(略歴)
平成18年3月 掃海管制艇おぎしま艇長
平成19年8月 掃海艇あおしま艇長
平成21年3月 掃海艇ひらしま艇長
平成23年4月 横須賀水中処分隊長
平成25年8月 掃海艦つしま艦長
平成27年4月 第44掃海隊司令
平成29年3月 掃海業務支援隊副長兼訓練科長
平成31年3月 掃海母艦うらが掃海長兼副長
令和 3年5月 現職
(出身県)福岡県

ぶんご先任伍長 海曹長 黒岩 知浩

 ぶんご先任伍長の黒岩です。

 本艦の名前の由来は四国西海岸と九州東岸との間を通って太平洋と瀬戸内海を繋ぐ重要な水道「豊後水道」に由来するものです。掃海母艦は機雷の敷設の他に掃海艦艇への真水、燃料等の補給や各種支援が主な任務となっています。

平成10年就役以来20数年経過した艦ですが乗員一同、掃海艦艇が継続して任務達成できるよう日々任務、訓練に励んでいます。

また広報等でお近くの港に寄港した際はぜひお越しください。装備品においては76mm砲、各種機雷、そして何より「ぶんご乗員」と接していただきたいと思います。

(略歴)
平成21年 9月 海上自衛隊第2術科学校(学校教官)
平成24年10月 補給艦とわだ(機関科)
平成29年 1月 掃海母艦ぶんご(機関科)
令和 3年12月 掃海母艦ぶんご先任伍長
(出身県)福岡県