海上幕僚長ご挨拶

着任のご挨拶

海上幕僚長  海将 山村 浩
海上幕僚長 海将 山村 浩

 この度、村川海将から重責を引き継ぎ、第34代海上幕僚長として着任した山村です。

海上幕僚長  海将 山村 浩
海上幕僚長 海将 山村 浩

 国民の皆さまのご期待に応えるべく、村川海上幕僚長をはじめ、歴代の海上幕僚長が紡いでこられた旧海軍からの伝統、そして、近年、隊員一丸となって強化してきた人的、作戦、装備・技術という3つの基盤の上に、昨年末に制定された防衛計画の大綱に基づき「多次元統合防衛力」の構築に努力し、各段に速い情勢変化へ適合できる海上自衛隊を築いて参ります。

 海上自衛隊は、これまでと同様、「我が国の領域及び周辺海域の防衛」、「海上交通の安全確保」、「望ましい安全保障環境の創出」という3つの目標を達成すべく、自らを鍛え、米海軍及び友好国海軍との関係を強化していく所存です。他方、情勢変化に対応すべく、これまでとは異なる発想とスピード感をもって、各種機能を充実させ、力強く波を蹴立てて前進します。

 我々は、冷戦を戦い抜き、ポスト冷戦時代のテロ対策や海賊対処等の任務を遂行し、日々の警戒監視を怠らず、災害への備えも固めて参りました。これは、変化する安全保障環境の中、海上自衛隊が適者たるべく努力してきた証左であり、現在直面する大きな情勢の変化にも適合できるものと信じています。したがって、私は、海上幕僚長として勤務するに当たり、「精強・即応」に加え「変化への適合」を方針として掲げ、全隊員とともにこの海を護り、我が国の平和と独立を守り抜く所存です。

 今後とも海上自衛隊に対するご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げ、私の着任のご挨拶といたします。

平成31年4月1日 第34代 海上幕僚長 海将 山村 浩

プロフィール

出身 山口県
昭和37年1月30日生まれ
学歴 防衛大学校28期(電気工学)
昭和59年卒

略歴

昭和 59年 3月 海上自衛隊入隊
平成 10年 7月 2等海佐
  12年 8月 護衛艦みねゆき艦長
  13年 8月 海上幕僚監部
人事計画課
  15年 1月 1等海佐
  16年 8月 海上幕僚監部
防衛課編成班長
  18年 8月 海上幕僚監部
人事計画課人事計画調整官兼企画班長
  19年 7月 海上幕僚監部
防衛課長
  21年 7月 海将補
  21年 12月 第4護衛隊群司令
  23年 4月 海上幕僚監部
総務部副部長
  24年 3月 護衛艦隊司令部
幕僚長
  25年 8月 統合幕僚監部
防衛計画部長
  27年 8月 海将
護衛艦隊司令官
  28年 12月 海上幕僚副長
  31年 4月 第34代 海上幕僚長