島しょ防衛(ぼうえい)

「島しょ防衛」について知ろう!

 防衛省(ぼうえいしょう)自衛隊(じえいたい)の活動の中で「島しょ防衛(ぼうえい)」や「水陸機動(だん)」という言葉を耳にすることがあるかもしれません。
 島を守ること?と漠然(ばくぜん)としたイメージがあるかもしれませんが、そのキーワードになる「水陸両用車」について今回はご紹介(しょうかい)します。
 (みな)さんも一緒(いっしょ)に、島を守ることについて考えてみましょう。

自衛隊(じえいたい)は、わが国の全域(ぜんいき)警戒(けいかい)監視(かんし)しています。

日本は大小約6800()以上もの島々がある国

 どうして島を守ることが必要なのでしょうか?
日本には大小約6800()以上の島々があります。その島一つ一つが日本の領土(りょうど)であり、その島の周りは日本の領海(りょうかい)です。その島の周りで漁業など様々な活動をしています。そのような(わたし)たちの生活を守るためにも、島を守るということは(わたし)たちにとってはとっても大切です。

島を守るためには

 防衛省(ぼうえいしょう)自衛隊(じえいたい)としてはどのように島を守るのか?
日本の周りは航空機や、艦艇(かんてい)潜水艦(せんすいかん)などで常時(じょうじ)警戒(けいかい)監視(かんし)を行っていますが、万が一に島にどこかの国の軍隊が上陸したときにどうやって対処(たいしょ)するのでしょうか?
その一つが水陸両用作戦です。航空機や艦艇(かんてい)支援(しえん)を受けながら陸上の部隊を上陸させ、島をとりかえします。その時、上陸する部隊が使うのが水陸両用車です。

島嶼への侵攻

海・空優勢(ゆうせい)確保(かくほ)

島嶼への侵攻

島嶼(とうしょ)への侵攻(しんこう)があった場合、島嶼(とうしょ)奪回(だっかい)するための作戦

水陸両用車のここがポイント

 島に部隊を上陸させるためにはボートや、航空機、船で上陸させるなどの方法があります。港や空港を使えば大量の物資(ぶっし)や戦車などの重火器を運ぶことができます。
しかし、(てき)の軍隊に占領(せんりょう)された島では、当然、その島を取り返されないようにと、(てき)準備(じゅんび)をします。港や、空港には近寄(ちかよ)れないようにするでしょう。島に上陸するためには相手が(じゅう)をもって()(かま)えている海岸線に上陸する必要があります。
そこで登場するのが水陸両用車です。艦船(かんせん)や航空機の支援(しえん)を受けながら、鉄で(おお)われた、装甲(そうこう)化された車両で海を航行し、そのまま海岸線に上陸することができます。
以前行われた種子島(たねがしま)での水陸両用車の訓練の様子を見てみましょう。

船の中で救命具を装着(そうちゃく)

1両ずつ海上自衛隊(かいじょうじえいたい)誘導(ゆうどう)により発艦(はっかん)

洋上を1列で航行

水陸両用車から隊員が出て上陸

陸、海、空自衛隊(じえいたい)で力を合わせて島を守る

 水陸両用作戦においては、海上自衛隊(かいじょうじえいたい)艦艇(かんてい)から、陸上自衛隊(りくじょうじえいたい)の水陸両用車を主とする水陸両用戦部隊が発進し、島に上陸します。
その(さい)には空から航空自衛隊(こうくうじえいたい)戦闘機(せんとうき)が空の安全を確保(かくほ)します。
 これら、陸・海・空が協同して作戦を行うことを統合(とうごう)と言います。陸、海、空自衛隊(じえいたい)の力を合わせて島を守っています。
(みな)さん、島を守ることについて知ることができたでしょうか。どうやったら、日本のもつ約6800()以上の島々を守ることができるか、この機会に(みな)さんも考えてみましょう。

水陸両用車

水陸両用車
  • 装備(そうび)品名:水陸両用車
  • 略称(りゃくしょう):AAV
  • [乗員]24名
  • [重量]24t
  • [全長]8.2m
  • [全幅(ぜんぷく)]3.3m
  • [全高]3.3m
  • [製造(せいぞう)]BAE社
  • [概要(がいよう)]
  • 海上機動性(きどうせい)(およ)防護(ぼうご)(せい)(すぐ)れ、島嶼(とうしょ)部へ海上からの部隊(など)を投入する(そう)()式の水陸両用車両。

関連項目

参照サイト

  1. トップページ
  2. 島しょ防衛