備える

南西地域の防衛体制の強化

防衛省・自衛隊においては、実効性の高い総合的な防衛力の構築のため、各種施策を不断に進めています。

  • ① 離島の守りの充実

  • 与那国島(沖縄) 日本最西端の与那国島に沿岸監視体を新編
    日本最西端の与那国島に沿岸監視体を新編
    奄美大島(鹿児島県)、宮古島、石垣島(沖縄県)

    警備部隊 地対艦誘導弾部隊 中距離地対空誘導弾部隊

    警備部隊 地対艦誘導弾部隊 中距離地対空誘導弾部隊 警備部隊 地対艦誘導弾部隊 中距離地対空誘導弾部隊
  • ② 有事などに速やかに対処できる部隊への改編

  • 北熊本(熊本) 第8師団 善通寺(香川) 第14師団 輸送機などにより迅速に展開可能な起動師団・旅団への改編
    警備部隊 地対艦誘導弾部隊 中距離地対空誘導弾部隊 警備部隊 地対艦誘導弾部隊 中距離地対空誘導弾部隊
  • ③ 空の守りの強化

  • 那覇(沖縄) 南西航空方面隊を新編
    戦闘機部隊を増強(約20機→約40機)
    早期警戒機の部隊を新編
    空の守りの強化 空の守りの強化
  • ④ 離島防衛への備え

  • 相浦(長崎) 水陸機動団を新編
    水陸機動団を新編 水陸機動団を新編
  • ⑤ 部隊をより遠くより早く輸送する能力の確保

  • V-22 C-2
    ・ 従来のヘリコプターと比較して速度、航続距離等が向上したV-22を導入
    ・ 航続距離・搭載能力が向上したC-2輸送機を導入
南西地域の防衛体制の強化
  • ① 離島の守りの充実
    与那国島(沖縄) 日本最西端の与那国島に沿岸監視体を新編
    日本最西端の与那国島に沿岸監視体を新編
    ① 離島の守りの充実(配置予定)
    奄美大島(鹿児島県)、宮古島、石垣島(沖縄県)

    警備部隊 地対艦誘導弾部隊 中距離地対空誘導弾部隊

    警備部隊 地対艦誘導弾部隊 中距離地対空誘導弾部隊 警備部隊 地対艦誘導弾部隊 中距離地対空誘導弾部隊
  • ② 有事などに速やかに対処できる部隊への改編
    北熊本(熊本) 第8師団 善通寺(香川) 第14師団 輸送機などにより迅速に展開可能な起動師団・旅団への改編
    警備部隊 地対艦誘導弾部隊 中距離地対空誘導弾部隊 警備部隊 地対艦誘導弾部隊 中距離地対空誘導弾部隊
  • ③ 空の守りの強化
    那覇(沖縄) 南西航空方面隊を新編
    戦闘機部隊を増強(約20機→約40機)
    早期警戒機の部隊を新編
    空の守りの強化 空の守りの強化
  • ④ 離島の守りの備え
    相浦(長崎) 水陸機動団を新編
    水陸機動団を新編 水陸機動団を新編
  • ⑤ 部隊をより遠くにより早く輸送する能力を確保
    V-22 C-2
    ・ 従来のヘリコプターと比較して速度、航続距離等が向上したV-22を導入
    ・ 航続距離・搭載能力が向上したC-2輸送機を導入

新たな装備品の導入など

「相手の届かないところ」から攻撃できる「スタンド・オフ・ミサイル」

  • JSM
    JSM(イメージ)
  • LRASM
    LRASM(イメージ)

隊員の安全を確保しつつ相手の攻撃が届かないところ(スタンド・オフ)から相手を攻撃できるミサイル

より高いステルス性と高性能のセンサーを備えた最新鋭戦闘機「F-35A」

F-35A
F-35A

相手のレーダーに映りにくい性能(ステルス性)が高い

高性能のセンサーも装備

自らは発見されることなく相手を発見し、攻撃することが可能 (本年1月から三沢基地(青森県)に配備開始)

より遠くの目標をより正確に探知する「空飛ぶレーダー」新型早期警戒機「E-2D」

F-35A
E-2D

早期警戒機は、機体に円状のレーダーを装備し、空中で相手を早期に発見するための航空機。 別称は「空飛ぶレーダー」

E-2Dは、従来の早期警戒機に比べ、より遠くの相手を正確に探知することが可能

「様々な任務にも対応できてコンパクト」な新型護衛艦と高性能な潜水艦の建造

  • 新型護衛艦
    新型護衛艦(イメージ)
  • 新型潜水艦
    新型潜水艦(イメージ)

様々な任務に対応な新型護衛艦とより高性能な潜水艦を新たに建造

将来的には、護衛艦・潜水艦は以下の隻数に

現在 将来
護衛艦 47隻 54隻
潜水艦 18隻 22隻

関連項目

参照サイト

  1. トップページ
  2. 備える