防ぐ

弾道ミサイル迎撃のイメージ

弾道ミサイルの脅威から国民の生命とわが国の領土・領海・領空を断固として守り抜くため、防衛省・自衛隊では、平素から情報収集や警戒監視を行っています。
現在、わが国に飛来する弾道ミサイルへの対処に当たっては、①イージス艦による上層での迎撃と②ペトリオットPAC-3による下層での迎撃を、自動警戒管制システムにより連携させて効果的に行う多層防衛を基本としています。

  • 1. 弾道ミサイル発射
  • 1. 弾道ミサイル発射
  • 2. 警戒管制レーダーによる探知・識別・追尾
  • 2. 警戒管制レーダーによる探知・識別・追尾
  • 3. JADGEによる連携
  • 3. JADGEによる連携
  • 4. イージス艦による
    上層での迎撃
  • 4. イージス艦による上層での迎撃
  • 5. PAC-3による
    下層での迎撃
  • 5. PAC-3による下層での迎撃
弾道ミサイル迎撃のイメージ
  • 1.

    弾道ミサイル発射

  • 2.

    警戒管制レーダーによる探知・識別・追尾

  • 3.

    JADGEによる連携

  • 4.

    イージス艦による上層での迎撃

  • 5.

    PAC-3による下層での迎撃

弾道ミサイル防衛の能力向上

国民の命と平和な暮らしを守ることは、政府の最も重要な責務です。北朝鮮に、わが国を射程に収める各種の弾道ミサイルが依然として多数存在するなど、弾道ミサイル防衛能力の向上は喫緊の課題である中、イージス・アショアを導入すれば、わが国を24時間・365日、切れ目なく守るための能力を抜本的に向上することができることになります。

弾道ミサイル防衛の「新たな盾」:イージス・アショア

  • 米国ハワイ州イージス・アショア試験施設

    米国ハワイ州イージス・アショア試験施設

  • イージス・アショアイメージ図

イージス・アショアとは:

イージス艦の船体以外の部分を、そのまま陸上に固定的に置いたような装備品で、大気圏外の宇宙空間(ミッドコース段階)を飛翔する弾道ミサイルを地上から迎撃するシステムです。

今後の防衛力の強化

  • 今後、わが国は、安全保障の現実に正面から向きあい、従来の延長線上ではない真に実効的な防衛力で新たな防衛力を構築するため、防衛力の質及び量を必要かつ十分に確保していく必要があります。
    特に、宇宙・サイバー・電磁波といった新たな領域については、わが国としての優位性を獲得することが死活的に重要となっており、陸・海・空という従来の区分に依拠した発想から完全に脱却し、全ての領域を横断的に連携させた新たな防衛力(多次元統合防衛力)の構築に向け、従来とは抜本的に異なる速度で変革を図っていく必要があります。

  • イージス・アショアイメージ図

    シリアにおいてNATO軍の指揮統制、レーダーを妨害したとされる電子戦装備品「クラスハ-4」(ロシア)

宇宙領域

宇宙
Xバンド防衛通信衛星(イメージ)

サイバー領域

サイバー
サイバーコンテストの開催

電磁波領域

電磁波
戦闘機(F-15)の電子戦能力の向上(イメージ)

宇宙・サイバー・電磁波といった新たな領域における能力の強化

 領域横断作戦を実現するため、宇宙・サイバー・電磁波といった新たな領域における能力を獲得・強化します。

関連項目

参照サイト