(ふせ)

弾道ミサイルを撃ち落とす

日頃(ひごろ)から、陸海空自衛隊(じえいたい)は、レーダー(もう)()(めぐ)らせて日本中を監視(かんし)しています。
弾道(だんどう)ミサイルが日本に向けて発射(はっしゃ)されると、これらのレーダーが情報(じょうほう)を集めて、ミサイルの軌道(きどう)を計算し、イージス(かん)やPAC‐3にその情報(じょうほう)を伝えます。
この情報(じょうほう)をもとに、まずは海に()かぶイージス(かん)がミサイルを宇宙(うちゅう)(むか)()ちます。これをくぐり()けられても、ミサイルの高度が下がってきたときに地上のPAC‐3が()()とします。

ここでは
1 弾道ミサイル発射
2 レーダーで発見
3 迎撃を指示
4 海上から迎撃
5 地上から迎撃
以上を示すムービーを掲載しています。

関連項目

参照サイト