拡大ASEAN国防相会議 専門家会合(EWG)

拡大ASEAN国防相会議(ADMMプラス: ASEAN Defence Ministers’Meeting Plus)の下には、対テロ、人道支援・災害救援、海洋安全保障、防衛医学、PKO、地雷処理及びサイバーに関する7つの専門家会合(EWG: Experts’Working Group)が設置されています。

我が国は、2011年から2013年の間、シンガポールと共に防衛医学専門家会合の共同議長を務め、また、2014年から2016年の間、ラオスと共にHA/DR専門家会合の共同議長を務めました

拡大ASEAN国防相会議 PKO専門家会合

現在、我が国は、2021年から2024年までの3年を任期として、ベトナムと共にPKO専門家会合の共同議長を務めています。防衛省・自衛隊は、日ASEAN防衛協力の指針である「ビエンチャン・ビジョン2.0」の下、ASEAN各国と具体的かつ実践的な防衛協力を推進しており、また、ベトナムとの間では、「新たな段階に入った日越防衛協力」の下、PKO分野や多国間協力をはじめとする様々な分野において、地域や国際社会の平和と安定により積極的に貢献していくことで一致しています。PKO専門家会合の共同議長としての取組を通じ、ASEAN各国のPKO能力の向上を図り、国際社会の平和と安定に貢献してまいります。

2021年12月3日更新