陸上自衛隊衛生学校
陸上自衛隊衛生学校文字
スマホサイト
 
  

ようこそ医学情報史料館「彰古館」へ

よく「戦争と医学の発展は切り離して考えることは出来ない」と言われています。不幸なことですが、過去の歴史において戦争での兵器の発達によって戦傷が多様化し、新しい治療方法や医療機器が開発されたという事実があります。
 こうした史実を研究する際にネックとなるのが現存史料の少なさです。
彰古館には奇跡的に戦災や接収から逃れた明治維新以来の軍医学校参考館所蔵品や、戦後になって陸上自衛隊衛生学校が編纂した「大東亜戦争陸軍衛生史」の参考資料として多方面から寄せられた資料、医療機器が集められています。

展示室での展示品

写真・書籍
肖像画類、神風連の乱での刀傷図、日清戦争の兵站病院、明治時代検疫所 北清事変陸軍病院、八甲田山雪中行軍凍傷、日露戦争習志野捕虜収容所 第1次大戦兵站病院、関東大震災救護所、日本赤十字

衛生資料写真1
衛生資料の写真

展示品
江戸期の尿道カテーテル、発霧消毒器、薬研、薬籠、抜歯器、耳鏡、聴診器、摘出弾、形成外科手術模型、顕微鏡、赤一文字の医療背嚢、明治初期の手術器械、X線装置1号機、乃木式義手、奉公杖、医療嚢・包帯嚢、医療品類、救急包帯、三角巾、原爆衣服片、衛生濾水器、野戦医极、灯火類、各種計測器類、烙鉄、旧軍医学校看板、電機治療器械
  • 衛生資料写真2
    彰古館の写真1
  •   
  • 衛生資料写真3
    彰古館の写真2
  •  
  • 衛生資料写真4
    彰古館の写真3

見学について

医学情報史料室(彰古館)
臨時休館のお知らせ


彰古館はまん延防止等重点措置発令のため2月13日(予定)まで臨時休館いたします

  
  

お知らせ

  


東京都に、まん延防止等重点措置または緊急事態宣言が発令された場合、
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、発令期間中、彰古館は臨時休館とさせていただきます。
すでに予約を頂いた方は、大変申し訳ありませんが、予約をキャンセルとさせていただきます。
ご承知いただきますとともに、ご理解・ご協力をお願い致します。
  

  

・見学にあたっては、自衛隊の敷地内になりますので、事前予約が必要となります。
・開館時間 午前9:00~12:00 午後13:00~16:00(土、日、祝日、年末年始等除く。)

・予約方法 希望日を電話にてご予約お願いします。
 (時間帯:午前9:00~12:00 午後13:00~16:00)
 電話番号 Tel(03)3411-0151 内線2405・2294
 misyuku-place-medsh@inet.gsdf.mod.go.jp
 ※申請書を2週間前までにご提出下さい。
 (ご予約の際に申請書のご案内をいたします。)

・ツアー形式でのご案内となります。
 1回のツアーは、約60分となります。
 (短縮30分コースもご案内可能です。)

・資料閲覧 資料閲覧をご希望される方は、予め希望内容等をご連絡いただきますとご案内が円滑になります。

★ 所蔵資料はコチラ → 史料1(PDF) 史料2(PDF)

館内は撮影、録音等禁止となっております、ご理解のほどお願いいたします。