部隊紹介

 陸上自衛隊東部方面音楽隊は、昭和35年に創隊され、東京都練馬区の朝霞駐屯地に所在しています。関東甲信越に静岡県を含む1都10県を活動範囲として、隊員の士気の高揚、儀式、広報のための演奏を任務としこれまでに長野冬季オリンピック、大喪の礼(昭和天皇)、即位の礼(上皇陛下)などの国家的諸行事に参加しました。また、新潟中越・中越沖地震および東日本大震災災害派遣における慰問演奏を実施するなど国民と自衛隊の懸け橋として年間約100回の演奏を行っています。

隊員紹介


オーナー近影音楽隊長
3等陸佐 村田 茂

 1987年、陸上自衛隊第13音楽隊(広島)に打楽器奏者として入隊。1995年、中央音楽隊に所属。1996年、陸上自衛隊幹部候補生学校を経て幹部に任官。1997年、武蔵野音楽大学にて研修。以後、中央音楽隊(朝霞)、東北方面音楽隊(仙台)で勤務するとともに富士学校音楽隊長(御殿場)、第7音楽隊長(千歳)、中部方面音楽隊副隊長(伊丹)、北部方面音楽隊副隊長(札幌)、中央音楽隊人事班長を歴任する。2013年には東京藝術大学において派遣履修生として1年間研修。以後、東北方面音楽隊副隊長、北部方面音楽隊長、中央音楽隊教育科長を歴任し、2019年8月、東部方面音楽隊長として着任。
 指揮法を佐藤正二郎、崎田俊治の各氏に師事。兵庫県出身。

 

 

 

副隊長
1等陸尉 寶田 嘉伸
 1997年、第117教育大隊(武山)に入隊。第13通信大隊(海田市)に勤務。
 2004年に幹部に任官後、東部方面通信群(新発田)(相馬原)、通信団中央野外通信群(久里浜)にて、中央野外通信群、第101搬送通信大隊構成中隊長、第1電子隊(東千歳)にて第1電子本部付隊長を歴任。大野町山林火災、鳥取県西部地震、新潟県中越沖地震、東日本大震災の災害派遣に従事。香川県出身。

 

 

 

 

音楽班長
2等陸尉 濱中 則昭
 1983年、打楽器奏者として入隊。第7音楽隊(東千歳)、東北方面音楽隊(仙台)を経て2016年、幹部に任官。東北方面音楽隊運用訓練幹部、武蔵野音楽大学研修後、中央音楽隊(朝霞)企画科管理幹部を務めた。2019年8月から東部方面音楽隊音楽班長兼、運用訓練幹部の職に就く。 
 打楽器を鶴岡たみ子、加藤詢子の各氏に、ドラムを岸川雅裕氏に、指揮法を高井優希、崎田俊治の各氏に師事。宮城県出身。

 





 

先任上級曹長
准陸尉 本間 勝弘
 1979年、陸上自衛隊に入隊、翌年第1音楽隊にクラリネット奏者として配属1985年東部方面音楽隊に異動、1996年から12年間コンサート・マスターを務める。この間、長野冬季オリンピック、中越沖地震等の国家的行事及び災害派遣にあたる。
 2015年、第1音楽隊先任上級曹長、2017年、東部方面音楽隊先任上級曹長に上番し、現在に至る。
 クラリネットを武田忠善、林直樹、柳瀬洋の各氏に師事。

 

 

 

 

コンサートマスター
2等陸曹 加藤 伸明
 尚美学園短期大学を経て東京ミュージック&メディアアーツ尚美音楽芸術表現コースを卒業。
 2000年、陸上自衛隊に入隊、富士学校音楽隊に所属。2002年に東部方面音楽隊に異動。2014年8月、東部方面音楽隊コンサートマスターに就任。
 クラリネットを森田利明、木村建雄、円田剛明の各氏に師事。