沿革

部隊沿革

  • 1960年1月、練馬駐屯地において、第1管区音楽隊(現、第1音楽隊)から選抜された、渡邉隊長以下曹士17名により編成を完結。

    1964年10月、第18回オリンピック夏季競技大会(東京オリンピック)において開会や表彰式での演奏支援。

    1966年、朝霞駐屯地に移駐。

    1975年9月、第1回定期演奏会を川越市民会館にて実施。

    1978年3月、芝浦分屯地に移駐。

    1979年6月、第1回室内楽演奏会を安田生命ホールにて実施。

    1982年3月、部隊改編に伴い現在の陣容になる。

    1989年2月、大喪の礼における鹵簿沿道奏楽を新宿御苑正門前にて行う。

    1990年11月、即位の礼における沿道奏楽を二重橋前交差点において行う。

    1993年6月、皇太子同妃殿下(現、天皇皇后両陛下)の結婚の儀当日の自動車列による還啓の際の演奏を二重橋前交差点にて行う。

    1994年7月、芝浦分屯地から朝霞駐屯地に移駐する。

    1998年2月、第18回オリンピック冬季競技大会(長野)において演奏協力を行う。

    2004年11月、新潟県中越地震における民生支援を実施する。

    2007年7月、新潟県中越沖地震災害派遣を行う。

    2008年9月、第50回定期演奏会を東京芸術劇場にて実施。

    2009年、創隊50周年を迎える。

    2011年3月、東日本大震災において災害派遣に従事。


     
  •