航空支援集団司令官挨拶

ホーム > 航空支援集団について > 航空支援集団司令官挨拶

    航空支援集団司令官挨拶       

第23代航空支援集団司令官
 
もりかわ りゅうすけ
空 将森川 龍介
 
防衛大学校31期
埼玉県出身
令和3年12月 航空支援集団司令官着任


 新年あけましておめでとうございます。令和4年の新春を迎えるにあたり、航空支援集団の活動に日頃より温かい応援の声を届けていただき、誠にありがとうございます。

 新型コロナウィルス感染症に対しては、まだまだ先行きが見えない状況が継続し、皆様におかれましては引き続き基本的な感染防止対策の徹底を図りつつ、新たな年の始まりを迎えられたのではないでしょうか。

 本年も航空支援集団は適切なコロナ対応を継続しつつ、航空輸送をはじめとする代替のない重要な機能を統合発揮し、より一層の厳しさと複雑さを増す安全保障環境下においても様々な課題に真摯に向かい合い、柔軟に変化し、国民の負託に応えるための諸課題に挑戦し、築き上げた信頼を継承し、全隊員が一丸となり任務の完遂に努めて参ります。

 令和4年の干支は「壬寅」で、春の到来で草木が伸び始める状態を表しているそうです。新しい年が厳しい冬から春の芽吹きへと転じる年となるとともに、皆様のご健勝とご多幸を心より祈念し、新年のご挨拶とさせていただきます。




略 歴

昭和62年 3月
入隊
平成22年 7月
航空幕僚監部技術部技術課長(市ヶ谷)
平成24年 7月
航空開発実験集団司令部幕僚長(府中)
平成25年 8月
第8航空団司令兼築城基地司令(築城)
平成27年 8月
航空幕僚監部技術部長(市ヶ谷)
平成27年10月
防衛装備庁プロジェクト管理部プロジェクト管理総括官(市ヶ谷)
平成28年12月
航空教育集団司令部幕僚長(浜松)
平成30年12月
北部航空方面隊司令官(三沢)
令和元年12月
航空開発実験集団司令官(府中)
令和 3年12月
現職