質問   このページは、自衛官候補生課程及び一般空曹候補生課程の入隊予定者が対象のページになります。
 また、下記の質問は、入隊予定者の皆様からよくある質問を列挙しましたので、ぜひ参考にして下さい。

採用前に準備するものはありますか。

 採用予定者の方は、防府南基地・航空教育隊ウェブサイトをご確認ください。

教育隊での一日の流れについて教えて下さい。

 第2教育群は、熊谷基地で定められた日課時限に基づいて運営しています。

区分 平日 休養日・休日
起床  6:00 7:00
日朝点呼 起床後直ちに 起床後直ちに
朝食 6:15~7:00 7:30~8:30
課業開始 8:15  
課業終了 12:00  
昼食 12:00~13:00 12:00~13:00
課業開始 13:00  
課業終了 17:00  
夕食 17:00~18:00 16:15~17:15
入浴 17:00~21:00 17:00~21:00
日夕点呼 21:40(22:40) 22:40(21:40)
消灯 22:00(23:00) 23:00(22:00)
※1 平日の日夕点呼及び消灯欄の(時間)は、翌日が休養日又は休日の場合を示
  してます。
※2 休養日・休日の日夕点呼及び消灯欄の(時間)は、翌日が平日の場合を示し
  てます。
 

入隊したらどのような教育を受けますか。

 自衛官として必要な基本教育は下表のとおりであり、約3ヶ月間教育を受けることになります。 

項目 内容
座学 精神教育、服務及び防衛学の基礎知識等
基本教練 敬礼等の基本的動作
射撃訓練 小銃の分解結合、射撃予行及び実射訓練
武道 銃剣道
体育 持続走、体力測定、駅伝競技会
行進露営 徒歩行進訓練、基地警備
部隊研修 航空基地部隊を研修して航空自衛隊の職場見学
点検 課程履修状況を逐次確認

課程卒業後について教えてください。

 新規採用され、第2教育群において約3か月間、自衛官としての基本教育を学び、自衛官候補生課程又は一般空曹候補生課程を卒業後、職種に関する専門教育を担当する術科学校等に進み、卒業後に全国の航空自衛隊の部隊へ配属されることになりますが、課程卒業後に部隊へ配属されてから術科学校等に入校する場合もあります。
 なお、各術科学校等の職種と入校先は以下のとおりのほか、入校する期間は職種によって異なります。また、第2術科学校が昨春に第1術科学校と統合しました。

術科学校等 主な職種
第1術科学校(浜松基地)
(静岡県浜松市)
航空機整備、航空機装備品整備、
武器弾薬、武装整備、工作、高射整備、
武装整備、動力器材整備
第3術科学校(芦屋基地)
(福岡県遠賀郡芦屋町)
土木建築、電気、設備機械、給汽、消防、
輸送、給養、補給、燃料、会計、調達、
人事、厚生、警備
第4術科学校(熊谷基地)
(埼玉県熊谷市)
通信、気象、情報、地上無線、有線整備
第5術科学校(小牧基地)
(愛知県小牧市)
航空管制、警戒管制、飛行管理、電算機
自衛隊岐阜病院(岐阜基地)
(岐阜県各務原市)
衛生

 次の職種については、自衛官候補生課程又は一般空曹候補生課程を卒業すると術科学校に入校せずにそのまま航空自衛隊の部隊へ配属され、配属先の上司や先輩のもとで、実際の業務に従事しながら職域に関する知識及び技術を身につけます。

総務、教育訓練、印刷、音楽

施設環境について教えて下さい。

1 訓練環境

訓練

訓練2  

※ 御稜威ケ原(みいずがはら)の由来
  昭和初年までのこの場所は、松、なら及びくぬぎなどが生い茂る深い林でした
 が、昭和10年2月に陸軍三尻飛行場が設置されることになり、その年の秋まで
 に林は、伐採され飛行場が設置されました。
  そして、第1期工事もほぼ完了に近い昭和13年10月10日、天皇陛下が行
 幸され、航空兵の訓練及び高等飛行をご覧になられました。
  当時の飛行学校長であった江橋英二郎陸軍中将は、この時の感激を残そうと
  「さしつけに 仰ぎまつれる 大御稜威(おおみいず)
         伝えてはげめ 空の益良雄(ますらお)」

  
と歌い、当時の飛行場を「御稜威ケ原(みいずがはら)」と名付けたことに由
 来します。
  現在、航空自衛隊熊谷基地内に、江橋中将自筆の「御稜威ケ原」なる字が大き
 く刻まれ、その下に「さしつけに・・・・」の歌が彫られています。

2 生活環境
生活

このページのトップヘ