commander

1等空佐 大 垣 雅 之 (おおがき まさゆき)

Colonel   OGAKI MASAYUKI

大垣1佐  

 期別:防衛大学校第37期

 出身:千葉県

 特技:隊務管理(厚生)

 令和2年8月               
 第24代第2教育群司令に就任

  1.  指導方針:「一丸(いちがん)」
     要望事項:「ベストを尽くそう」

 第2教育群のホームページにアクセスしていただきありがとうございます。
 
 まず始めに、先の台風9号及び台風10号において、被災に遭われた地域にお住いの皆様に対し、心よりお見舞い申し上げますとともに、被災地の早期復興をお祈りいたしております。

 
 第2教育群が所在する熊谷基地では、暦の上では夏も終わり秋を迎えておりますが、依然として残暑厳しい折、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか?
 現在履修中の学生達は、残暑にも負けず、コロナ禍で様々な制約を受けながら教育訓練に励んでおります。

 ここで最近の課程教育状況について紹介します。 
 1 9月8日(火)~9月9日(水)に第122期初任空曹課程及び第23期空
  曹予定者の駅伝競技会を行いました。晴天で高温多湿の中で課程学生は、日
  頃の訓練成果を発揮するとともに、敢闘精神及び団結心を養いました。
 2 9月10日(木)に第104期上級空曹課程の入校式を実施しました。10
  月7日(水)までの約1か月間、修学目標である「活模範たる上級空曹」を目
  指し、課題論文作成及び討論をメインとして履修します。

 全国各地で新型コロナウイルス感染者は減少傾向に見えますが、依然として収束の見通しが立たない中、第2教育群においては、新型コロナウイルス感染拡大の防止に係る航空自衛隊の対応方針等に基づき、所属隊員及び学生の体調管理並びに「3密」の回避等を確実に行い、現在のところ一人の感染者も出すことなく課程教育を継続しています。

 このホームページをご覧の皆様と同様、私自身も「コロナ禍の早期終息」を願いつつ、今後とも「最高にして最強の教育」を目指し、第2教育群は「一丸」となって、世界に通用する航空自衛官を育成するために邁進して参りますので、引き続き第2教育群に対するご理解及びご協力をよろしくお願いします。
  

このページのトップヘ