一般曹候補生

各部隊の中核となる自衛官に

資料請求
資料請求
一般曹候補生とは...

陸上・海上・航空自衛隊の曹となる自衛官を養成する制度です。一般曹候補生は、入隊後2年9月以降選考により3曹へ昇任します。自分の能力に合わせて、知 識と技能を高めてゆくことが可能です。一般曹候補生は、26歳まで応募資格があり社会人経験を積んだ方にも広く門戸を開いています。

一般曹候補生とは、18歳以上27歳未満の者を対象に、陸上、海上、航空各自衛隊の部隊勤務を通じて、その基幹隊員となる陸・海・空曹自衛官を養成する制度です。応募資格年齢を比較的広くとっているため、高校新卒者はもちろん、高専卒、大卒、社会人経験者まで多様な経歴を持った人材が一般曹候補生として入隊します。

募集要項
応募資格 日本国籍を有する18歳以上27歳未満の者
受付期間

第1回:平成29年4月1日(土)~5月5日(金)

第2回:平成29年7月1日(土)~9月8日(金)

試験科目 1次:筆記試験及び適性試験、2次:口述試験及び身体試験
試験日程

第1次試験

第1回:平成29年5月27日(土)、第2回:平成29年9月16日~18日(月)のうち指定する

第2次試験

第1回:平成29年6月28日(水)~7月3日(月)のうち指定する1日

第2回:平成29年10月5日(木)~11日(水)のうち指定する

合格発表

第1次試験

第1回:平成29年6月9日(金) 第2回:平成29年9月29日(金)

第2次試験

第1回:平成29年8月4日(金) 第2回:平成29年11月10日(金)

入隊時期 平成30年3月下旬~4月上旬
各種処遇について
俸  給

166,500円(平成29年4月1日現在)

※経験等により、異なります。

※俸給の月額については、法律の改正により改正される場合があります。

昇  給 年1回
賞  与 年2回(6月、12月)
勤 務 地 各都道府県の駐屯地又は基地など
勤務時間 8:15~17:00(勤務地により異なります。)
休 日 等 年次休暇のほか、年末年始等の特別休暇等があり、週休2日制が実施されています。
保  険 団体生命保険、生命共済、団体傷害保険、火災保険など
募集資料
パンフレット・一般曹候補生募集案内 PDF形式・5.55MBガイダンスA
パンフレット・ガイダンスB(高卒等対象募集案内) PDF形式・10.2MB一般幹部候補生募集要項
一般曹候補生募集要項 PDF形式・ 1.0MBガイダンスA
取得機会のある資格について
車両関係

自動車整備士(1〜3級)

大型自動車運転免許(1種)(自衛隊以外の大型自動車運転には限定解除が必要)

大型特殊運転免許

けん引免許

船舶関係

小型船舶操縦士

潜水士

航空関係

航空管制官

航空無線通信士

医療関係

救急救命士

准看護師

臨床検査技師

診療放射線技師

そ の 他

危険物取扱者(乙種第4種)

公害防止管理者(第1〜4種)

ガス溶接(アーク溶接)技術者資格2級ボイラー技士

電気工事士

パソコン検定(3・4級)

英語検定(2・3・4級)

ワープロ検定(3・4級)

情報処理(1・2級)

調理師免許

栄養士

入隊後は...

教育部隊等での基礎教育を経た後、部隊配置となり、部隊勤務を通じて、各種技能等の教育訓練を受けます。

そして採用後約2年9ヶ月経過以降、選考によって3等陸・海・空曹に昇任、全国の部隊に配置されます。なお、3等陸・海・空曹に昇任後は、4年で幹部候補生部内選抜試験の受験資格が得られ、これに合格すれば幹部に昇任できます。

PAGE TOP