自衛隊幹部候補生

日本の平和を支える幹部自衛官に

資料請求
資料請求
自衛隊幹部候補生とは...

一般・歯科・薬剤科のコースから各自衛隊の幹部自衛官となる者(飛行要員含む)を養成する制度です。

「一般幹部候補生」「歯科幹部候補生」「薬剤科幹部候補生」と、幹部候補生の採用試験には3つのコースがあります。

大学の文系および理工系から進む通常の幹部候補生コースが「一般幹部候補生」。ここには、陸上自衛隊の音楽要員及び海上・航空自衛隊の飛行要員が含まれます。

大学の歯学科から進むコースとして、自衛隊の衛生分野(病院勤務等)で活躍する歯科医官となる「歯科幹部候補生」。

大学の薬学科から進むコースとして、自衛隊の衛生分野(病院勤務等)で活躍する薬剤官となる「薬剤科幹部候補生」があります。

各コースとも、採用と同時に陸上・海上・航空の各自衛隊曹長に任命され、幹部候補生として一定期間の教育を受けた後、一般幹部候補生は3等陸・海・空尉(院卒者試験合格者は2等陸・海・空尉)に昇任、歯科・薬剤科幹部候補生は2等陸・海・空尉に昇任、幹部自衛官となります。

募集要項
応募資格

【一 般】

[大卒程度試験]

日本国籍を有する22歳以上26歳未満の者(20歳以上22歳未満の者は大卒(見込含)、修士課程修了者等(見込含)は28歳未満)

[院卒者試験]

日本国籍を有す修士課程修了者等(見込含)で、20歳以上28歳未満の者

【歯 科】

日本国籍を有する専門の大卒(見込含)20歳以上30歳未満の者

【薬剤科】

日本国籍を有する専門の大卒(見込含)20歳以上28歳未満の者※詳細は募集要項

受付期間

平成29年3月1日(水)~5月5日(金)

試験科目

【1 次】

筆記試験、(飛行要員希望者のみ筆記式操縦適性検査)

【2 次】

小論文試験、口述試験、身体検査(ただし、飛行要員希望者のみ航空身体検査を実施)

試験日程

【一 般】

[1 次]:平成29年5月13日(土)・14日(日)(14日は飛行要員のみ)

[2 次]:平成29年6月13日(火)~16日(金)のうち指定する日

[3 次]:海・空飛行要員のみ3次、(海)平成29年7月10日(月)~14日(金)

合格発表

【一 般】

[1 次]:平成29年6月2日(金)

[2 次]:海・空飛行要員のみ(海)平成29年7月3日(月)(空)平成29年7月7日(金)

[最終]:(陸・海)平成29年8月4日(金) (空)平成29年9月1日(金)

【歯科・薬剤科】

[1 次]:平成29年6月2日(金)

[最終]:平成29年8月4日(金)

入隊時期 平成30年3月下旬~4月上旬
幹部候補生の教育

幹部自衛官の養成機関である「陸上・海上・航空各自衛隊幹部候補生学校」での生活から、幹部候補生の教育が始まります。

ここでは、初級幹部としての必要な知識と技能を学びながら、幹部としての資質を養っていきます。

教育期間は、約1年間(歯科幹部候補生は約6週間)です。

防衛基礎学、戦術、戦史、戦技訓練、体育、服務、防衛教養、実技などの科目があり、陸上・海上・航空の特色を生かした教育が行われています。

卒業後一人前の幹部として活躍できるために、一貫した人材育成が行われています。

募集資料
パンフレット・ガイダンスA(幹部候補生等募集案内) PDF形式・7.33MBガイダンスA
一般幹部候補生募集要項 PDF形式・ 1.0MB一般幹部候補生募集要項
歯科・薬剤科幹部候補生募集要項 PDF形式・ 1.0MBガイダンスA
各種処遇について
身  分 特別職国家公務員
俸  給

平成29年2月1日現在

【一 般】

[大卒程度試験合格者]

 修士課程修了者等以外 222,000円

 修士課程修了者等 239,100円

[院卒者試験合格者] 243,100円

平成29年2月1日現在

【歯科・薬剤科】

 大卒(歯科・薬剤科) 243,100円

 大学院卒 243,100円

※採用時の給与は、採用予定者の職務・経験などにより異なります。

※俸給の月額については、法律の改正により改定される場合があります。

手  当 勤務や職種・職域に応じて、住居手当、扶養手当、航空手当、乗組手当、航海手当、地域手当などがあります。
昇  給 年1回
期末手当 年2回(6月、12月)
勤務時間 8:15~17:00(勤務地により異なります。)
休日・休暇 週休2日制、祝日、年末年始及び夏季特別休暇、年次休暇などがあります。
将来の進路
PAGE TOP