News

2017年のニュース

2017.1.5
初訓練飛行

1月5日(木)、第23航空隊は初訓練飛行を実施しました。この訓練は毎年恒例の飛行安全を祈願する行事であり、年初めの一大行事となっています。司令が隊員総員を前に、「今年も総員が与えられた任務を完遂するため、それぞれの配置において、技を磨き心を鍛え、卓越した知識と技量を得るべく引き続き努力を傾注することを要望する」と訓示し、舞鶴航空基地を第231飛行隊長(坂前信博2佐)を編隊長とするSH-60Kの3機編隊により離陸しました。編隊は、若狭湾及び天橋立付近を約1時間にわたり飛行し、第23航空隊員は団結心及び士気の高揚を図るとともに、第23航空隊総員で平成29年の飛行安全に向けた決意を新たにしました。

2017.1.4
年頭訓示、安全祈願、だるまの目入れ

1月4日(水)、2017年の始まりにあたり、年頭訓示、安全祈願、だるまの目入れを実施しました。小田司令は年頭訓示の中で、「二十三空の名誉ある一員として、そして丹後の武士として煌めく未来に向け真の力を鍛え挑戦を続けよう」と述べました。安全祈願では、司令以下10名が高倉神社を訪れ、23空の安全を祈願しました。だるまの目入れでは、1年間無事に任務達成できるようにとの願いを込め、左目に目入れを行いました。

2016年のニュース

2016.12.22
アットホームもちつき2016

12月22日(木)、隊員家族に対しアットホームを実施しました。当日は214名の家族が来訪、もちつき、職場見学、隊員の表彰式及び、だるまの目入れを実施し、小田司令は挨拶で隊員家族に日頃の感謝を述べ最後に全員で記念撮影を行いました。

2016.10.10
舞鶴赤れんがハーフマラソン2016

舞鶴市の恒例行事となった赤れんがハーフマラソンが今年も開催されました。 自衛隊の敷地をコースに取り入れた他にはないマラソンコースも認知度が高まり、全国から多数の参加者を得て、共催者として支援しました。

2016.10.1
舞鶴航空基地隊15周年記念行事

10月1日(土)、舞鶴航空基地隊開隊15周年記念行事を実施しました。約370名の来賓が記念式典、SH-60Kによる展示飛行、記念撮影及び、祝賀昼食会が行われました。

2016.7.16
第23航空隊サマーフェスタ2016

7月16日土曜日、第23航空隊サマーフェスタ2016を実施しました。当日は、天候にも恵まれ、来場者数3568名と過去最多を記録しました。多くの来場者から、「最高に面白かった」、「自衛隊を身近に感じることができた」、「また来年も来ます」といった声が聴かれました。暑い中、ご来場いただきありがとうございました。


2016.7.7~7.8
飛行幹部候補生100km行軍について(お知らせ)

7月7日(木)~8(金)、飛行幹部候補生の鍛錬行事として100km行軍を実施します。この行事は幹部候補生の気力及び体力を錬成し、行軍部隊を指揮することにより幹部としての指揮・統率能力の向上を図るものであります。今年も舞鶴航空基地から天橋立間を行軍いたしますので見かけた際は応援よろしくお願いします。


2016.5.8
派遣海賊対処行動水上部隊派遣搭乗員出迎え

5月8日(日)、第23次隊として派遣されていた搭乗員8名(SH-60K:2機)の出迎えを行いました。真っ黒に日焼けした搭乗員の顔には精悍さと、無事任務を終えた達成感が漂い、約半年振りとなる同僚や家族との再会には、自然と笑顔があふれていました。派遣期間中は、ソマリア沖・アデン湾において民間船舶の護衛や監視任務に従事したほか、各国海軍との共同訓練や民間船舶からの急患輸送等を実施しました。


※23次隊の現地での活動の様子は こちら からご覧いただけます。
2016.4.22
平成28年熊本地震に係る入浴支援員出発

4月22日(金)、平成28年熊本地震における被災者への入浴支援を行うため女性隊員3名が23空を出発、隊員による見送りを実施しました。


2016.3.13
アットホーム

3月13日(日)、隊員家族に対しアットホームを実施しました。当日は94名の家族が来隊し、吉田司令の挨拶の後、全員で記念撮影を行いました。撮影後には、海自の任務や23空の活動についての説明を行い、各種展示物や職場の見学、23空特製カレーの喫食などを通じて、家族が勤務する職場に対する理解を深めてもらいました。