ホーム > 予備自衛官制度 > 予備自衛官制度の概要 > 予備自衛官の訓練

予備自衛官の訓練SDF Reserve Training

招集訓練の概要

予備自衛官の招集訓練は、5日間連続して実施する訓練(5日間訓練)を基本として行っています。
自衛官退職後1年未満に出身自衛隊の予備自衛官に採用された場合の初年度は1日間訓練を実施します。(予備自衛官補からの任用者は5日間訓練を実施します。)

5日間訓練 退職して1年以上の者等及び予備自衛官補からの任用者に対して、部隊等で、武器訓練、体育訓練、防衛講話等が必須課目として行われ、特技に応じた職種訓練やその他の訓練が、部隊の特性に応じて行われます。
1日間訓練 退職して1年未満の者に対して、通常地方協力本部で防衛教育や生活指導を主として実施しています。

5日間訓練の一例

5日間訓練の一例(訓練パターン)