ホーム > 予備自衛官制度 > 予備自衛官制度の概要 > 予備自衛官の災害派遣について

予備自衛官の災害派遣についてSDF Reserve Dispatch

予備自衛官の災害派遣について

平成13年6月8日に自衛隊法が改正され、予備自衛官にも災害派遣の任務が新たに付与されました。予備自衛官は、大規模な災害が発生し、防衛大臣が特に必要と認める場合は、内閣総理大臣の承認を得て、災害招集命令により招集されることとなります。

災害派遣のポイント・運用構想について

  予備自衛官 常備自衛官 即応予備自衛官
派遣の手続き 防衛大臣が特に必要があると認めるとき、内閣総理大臣の承認を得て、災害招集命令により招集する。 都道府県知事などからの要請に基づき派遣する。 防衛大臣が、必要があると認めるとき、内閣総理大臣の承認を得て、災害等招集命令により招集する。
災害派遣等の活動範囲 災害派遣 災害派遣
地震防災派遣
原子力災害派遣
災害派遣
地震防災派遣
原子力災害派遣

予備自衛官及び即応予備自衛官は、招集に応じて出頭した日をもって自衛官となります。

大震災、火山噴火等の大規模災害

予備自衛官が大規模災害に派遣されるまで…