ホーム > 予備自衛官制度 > 予備自衛官制度の概要 > 予備自衛官制度50年のあゆみ

予備自衛官制度60年のあゆみHistory

各制度の成り立ちから初の災害招集まで

我が国の予備自衛官制度においては、即応予備自衛官制度、予備自衛官制度、予備自衛官補制度という3つの制度が設けられています。 一番最初にできたのは予備自衛官制度です。予備自衛官制度は、昭和29年の自衛隊発足と同時に導入されました。

そして、平成9年度、従来の予備自衛官制度に加え、陸上自衛隊をコンパクト化する一方、予備自衛官よりも即応性の高い即応予備自衛官制度を導入しました。

また、平成13年度、国民に広く自衛隊に接する機会を設け、将来にわたり予備自衛官の勢力を安定的に確保するとともに民間の専門技能を活用し得るよう予備自衛官補制度を導入し、平成14年度から採用を開始しました。

平成23年3月11日に発災した東日本大震災において、予備自衛官等制度発足以来初の災害招集等が実施されました。

本災害招集において、即応予備自衛官は、あらかじめ指定された陸自部隊の隊員として、主に岩手県や宮城県及び福島県の沿岸地域に派遣され、給水支援や入浴支援、物資輸送などの被災者の生活支援活動や捜索活動等にあたりました。また、予備自衛官は、救援活動をを実施している米軍の通訳、医療、部隊の活動を支援している駐屯地業務隊の業務などに従事しました。

なお、今回の災害招集等では、予備自衛官等が所属する企業などの勤務を休んで参加することを考慮して、1週間から2週間を単位として、即応予備自衛官は延べ2,179人が、予備自衛官は延べ441人がそれぞれ招集されました。

制度の変遷

年代 予備自衛官制度の変遷
昭和29年 予備自衛官制度導入
昭和33年 昇進開始
昭和36年 分割招集実施
昭和46年 准尉採用開始
昭和48年 1日間訓練開始
昭和49年 予備自衛官き章制定
昭和49年 陸上幕僚長褒賞開始
昭和59年 陸上幕僚長以下の褒賞を永年勤続者表彰として制度化
平成10年 即応予備自衛官制度導入
平成14年 予備自衛官補制度導入
平成14年 予備自衛官災害招集任務付加
平成16年 予備自衛官、即応予備自衛官の国民保護等招集任務付加
平成16年 2佐・3佐予備自衛官採用開始
平成23年 東日本大震災における災害招集
平成26年 制度創設より60周年を迎える。

年表

年表