自衛隊 長崎地方協力本部について

  • TOP
  • 自衛隊 長崎地方協力本部について

自衛隊 長崎地方協力本部
(長崎地本:ながさきちほん)について

自衛隊長崎地方協力本部(長崎地本)は昭和30年9月1日、自衛隊長崎地方連絡部として陸上自衛隊大村駐屯地に編成、翌年9月2日に長崎市南山手町に事務所を開設、定員及び車両の増加に伴い昭和39年に長崎市大橋町、昭和59年に現在の長崎市出島町に移転し、平成18年7月31日に防衛庁設置法等の改正により、自衛隊長崎地方協力本部に改編されました。
本部長(地連部長)は、初代から第13代までは陸上自衛官が、第14代以降、現在に至るまで海上自衛官が務めています。

地方協力本部は、防衛省・自衛隊の共同機関として募集業務・援護業務・予備自衛官の管理等の業務を担っています。 主な業務内容は次のとおりです。

  • 県内における部外との連絡や協力に関すること
  • 自衛隊の広報、自衛官等の募集
  • 予備自衛官・予備自衛官補の人事等に関すること
  • 即応予備自衛官の招集等に関すること
  • 自衛官の再就職援護等の業務

〒850-0862 長崎市出島町2-25
(長崎電気軌道「メディカルセンター」電停から歩いて1分)

本部長メッセージ

Message from headquarter
1等海佐 江上 昌利

 令和3年6月末に第36代自衛隊長崎地方協力本部長を拝命致しました、江上1等海佐です。
 皆様におかれましては、平素から自衛隊長崎地方協力本部の業務に対して深いご理解と多大なご支援を賜り、自衛隊長崎地方協力本部を代表し、お礼申し上げます。
 私が長崎の地に赴き早10か月が経ちました。歴史と伝統、文化を感じつつ、長崎県民の皆様の温かさに触れ、長崎の勤務を満喫中です。
 さて、令和4年度が始まり、心地良い気候の下、世の中は職場に新社会人が加入し、気分一新、新たな体制で動き始めました。我が自衛隊長崎地方協力本部も新たな顔ぶれで新年度を迎え、全部員が新しい年度に期待と希望で胸を膨らませ、やる気満々で勤務しております。
 我が地方協力本部の活動においては、昨年度は令和2年度にも増して新型コロナウイルスの影響を大きく受けた1年となりました。県民の皆様に広く自衛隊を知っていただく広報活動は軒並み制約を受け、各種イベントの縮小や中止が相次ぎました。募集においても、各種説明会や部隊研修などの中止が入隊者獲得に逆風となり、 令和2年度に引き続き非常に厳しい状況になりました。
 また、我が国周辺を含むアジア・太平洋地域における安全保障環境に目を向けますと、ウクライナ情勢をはじめ、世界の秩序の不確実性は増大しており、我が国周辺の情勢についても同様であります。我々防衛省・自衛隊は、各種事態に対しシームレスかつ機動的に対応し、日々任務に従事しているところでありますが、地方協力本部で実施している自衛官採用から再就職援護、予備自衛官の管理まで、自衛隊を支える人材を扱う任務は、前述の自衛隊の活動の基盤を担う大切な任務であります。これらの地方協力本部の任務を遂行する上で大切なことは、地域社会の皆様の自衛隊に対するご理解と信頼であります。地方協力本部は、引き続き皆様のご理解と信頼をいただけるよう、誠心誠意取り組んでまいりますので、変わらぬご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。
 最後に、改めて平素の皆様のご支援に感謝いたしますとともに、常に地域社会、県民とともにあることを念頭に「県民とのかけはし」となることで、ご理解と信頼を盤石とし、新年度においても地方協力本部の役割を完遂することをお約束し、新年度のご挨拶とさせていただきます。

ロゴマーク

自衛隊長崎地方協力本部のロゴマークの原型は、山口俊光氏(長崎地本OB会員)が高校でデザインを手掛けていた学生に依頼して作成したものです。

マスコットキャラクター「ながりん」

『ながりん』は、平成30年に誕生した自衛隊長崎地方協力本部のマスコットキャラクターです。
長崎県の鳥「おしどり」をモチーフに、「明るく元気で、凛々しさと正義感に溢れ、愛する故郷を守る妖精」として生まれました。
可愛くて親しみやすい、多くの人々に長く愛されるキャラクターであって欲しいと願っています。

長崎地本だより

長崎地本だより+(プラス)

令和3年度

令和2年度