防衛大学校受験の勧め

防衛大学校は、日本の防衛を担い、国民の安全・安心を守り抜き、世界平和に貢献することに強い関心があり、また将来、社会を支える重要な組織のリーダーになりたいと考えている受験生の皆さんに開かれた大学です。

防衛大学校は、自衛隊のリーダー(陸・海・空の幹部自衛官)を育成する日本で唯一の大学教育機関です。本校は、防衛省の機関ですので「大学校」となっていますが、一般大学と同じ4年制の教育を実施し、卒業時には学士の学位を授与しています。本校は「士官学校」ですが、この点から一般大学と何ら変わるところがないばかりか、ある意味ではそれ以上であります。

防衛大学校は、毎年約480名(女性70名)を基準に学生を採用しますが、その内訳は、人文社会科学系が約105名、理工学系が約375名です。防衛大学校の教官数は約300名で、学生対教官の割合からみて、全国でも有数の少人数教育が行われていることになります。人文社会科学系では3学科、理工学系では11学科があり、学生は多様な14分野のうちから1学科を専攻します。学生の専攻分野は2学年に進むときに決まりますが、1学年生は教養教育科目を重点的に学びます。

防衛大学校は、卒業生が将来の幹部自衛官となることから、リーダーとしての人間的資質を育成することに重点を置きます。そのために、本校では制服教官(幹部自衛官)による防衛学の授業があります。戦史や国防論、戦略論など、一般大学では見られない、本校ならではの教育科目です。また、学生舎(寮)では若く元気な制服自衛官たちが日常生活をともにすることで、先輩として指導にあたっています。部活動である校友会も防大教育の重要な柱で、学生全員が体育系の校友会に所属し、学生舎生活と同様にタテとヨコの人間関係に習熟していくことになります。なお、数多くの文化系の校友会もあり、積極的に活動しています。

防衛大学校は、国際化にも非常に力を入れています。4年制大学教育を受けながら、英語力を身につけることで海外派遣のチャンスも多くあります。キャンパスには留学生が多数おり、また、海外の士官学校生の訪問も頻繁にあることから、国際的な雰囲気に満ちあふれています。そして毎年、国際的視野を広げる目的で、学生たちの自主的な運営により、世界約20か国から士官候補生を招いた国際会議も開催されています。

以上のように、防衛大学校は、教育の目的は遠大かつ明確で、知性、体力、協調性、国際性、そしてそれらを通じてリーダーとしての人間的資質を身につけることのできるすばらしい学びの場なのです。現在、防衛大学校では、学生と教職員が「世界一の士官学校」という一つの目標に向かって一致団結して邁進しています。あなたも、わたしたちと一緒に、この大きな創造的事業にチャレンジしてみませんか。 

防衛大学校は、横須賀の三浦半島の先端に位置し、東京湾を望み、富士山を仰ぐ風光明媚な自然環境に恵まれた空間にあります。防衛大学校は、若人が4年間の大学生活を過ごすのに最適な大学であることを、確信をもってお伝えします。

入試情報