日カンボジア防衛相会談について

2022年6月21日
防衛省
英語版/English
印刷用

 2022年6月21日、日ASEAN国防担当大臣会合出席のためカンボジアを訪問中の岸防衛大臣は、カンボジアのティア・バニュ副首相兼国防大臣との会談を行ったところ、概要以下のとおり。

  1.  冒頭、岸大臣から、日本がカンボジアに自衛隊を派遣してから30周年である記念すべき年に、防衛大臣として30年ぶりにカンボジアを訪問できたことを光栄に思うとともに、カンボジア国防省の温かい歓迎に対して感謝の意を表明しました。それに対してティア・バニュ大臣からも訪問を歓迎する意が示されました。
  2.  両大臣は、ウクライナ、南シナ海、北朝鮮を含む地域情勢について意見交換を実施し、ロシアのウクライナ侵略によって国際秩序の根幹が揺らぐ中で、両国が引き続き緊密に連携していくことを再確認しました。その中で、岸大臣は、この地域において、力を背景とした一方的な現状変更やその試み、また、緊張を高めるいかなる行為にも強く反対するとの意思を表明しました。
  3.  両大臣は、二国間の防衛協力・交流についても意見交換を行い、フン・マネット陸軍司令官の訪日や海上自衛隊によるカンボジアへの寄港、更には5月30日から実施されているPKO(施設)分野の能力構築支援における「道路測量教官育成のための教育」など、様々な分野で関係が強化されていることを歓迎しました。
  4.  その上で、両大臣は、今後も、様々な方法で防衛当局間の緊密なコミュニケーションを継続するとともに、防衛協力・交流を引き続き強化していくことで一致しました。