日中防衛相テレビ会談について

2020年12月14日
防衛省
英語版/English

 標記について、下記のとおり実施されましたのでお知らせいたします。

 2020年12月14日17時から約95分間、岸防衛大臣と魏鳳和・中国国務委員兼国防部長とのテレビ会談が行われました。

  1. 冒頭、魏国務委員から岸大臣に対し、就任の祝意が示され、岸大臣から感謝の意を示しました。
  2. 両大臣は、日中関係や地域情勢について意見交換を行いました。岸大臣からは、我が国固有の領土である尖閣諸島周辺海域を含む東シナ海情勢について、まず、同諸島に関する我が国の立場をしっかりと伝えた上で、中国軍や中国公船の活動といった個別の事象について指摘しつつ、力を背景とした一方的な現状変更の試みに対する強い懸念を伝達し、事態をエスカレートさせるような行動をとらないよう、強く求めました。また、南シナ海情勢については、岸大臣から、現状への懸念を述べるとともに、法の支配や自制の重要性を指摘しました。さらに、岸大臣から、中国が自国の国防政策や軍事力の透明性を向上させ国際社会の懸念を払拭するよう求めました。
  3. その上で、両大臣は、日中の安定した関係は、地域及び国際社会の平和、安定、繁栄にとって極めて重要であり、日中防衛当局間においても、引き続き、意思疎通を継続していくことを確認しました。
  4. 両大臣は、「日中防衛当局間における海空連絡メカニズム」の「日中防衛当局間ホットライン」について、早期開設に向けた調整が着実に進展していることを改めて歓迎し、その実現に向け、両大臣がリーダーシップを発揮し、調整を更に加速させていくことで一致しました。