活動状況

ホーム >活動状況

基地慰霊行事(令和3年10月1日)

 百里基地は、令和3年度基地慰霊行事を執り行いました。
 当日は台風16号の接近による荒天のため、来賓の方の安全確保の観点から基地「雄飛園」での実施を変更し、基地主要幹部のみの参列による屋内での実施といたしました。
 儀じょう隊の「捧げ銃」と共に基地全隊員が黙とうを捧げ、引き続き基地司令の追悼の辞、基地主要幹部による献花、弔銃斉射を行い、航空事故等により志半ばで殉職された22柱の御霊に対し哀悼の誠を捧げました。

 


モニター防衛講座(令和3年9月17日)

 百里基地は、令和2年度及び3年度の防衛モニター並びに基地モニターを対象とした防衛講座と基地見学を行いました。
 防衛講座では、航空幕僚監部が作成し空自ホームページでも公開されている「航空自衛隊の概要」について説明し、モニターのみなさんに航空自衛隊に対する認識と理解を深めて頂きました。
 防衛講座に引き続き、百里管制隊、移動管制隊、消防小隊における概要説明及び部隊見学を行いました。モニターのみなさんは現場の隊員による説明に熱心に耳を傾けられていました。
 また、基地見学の最後には課業終了時の国旗降下の模様を見学して頂き、警衛隊員の節度ある動作に強い感銘を受けておられました。

 


令和3年度体験搭乗(令和3年5月29日)

 百里基地は、募集対象者等を対象とした、CH-47J(三沢ヘリコプター空輸隊所属 機)による体験搭乗を行いました。今回は新型コロナ感染拡大防止のため、例年より規模を 縮小し、航空機内での手袋の装着、座席間隔の確保等、感染防止策を施した上での開催とな りました。
 搭乗者は機内搭乗員の説明に耳を傾けつつ、百里基地から涸沼―水戸―大洗を往復するコ ースの飛行を体験しました。また、フライト終了後は地上での装備品(航空機及び車両)見 学を行いました。
 搭乗や見学等を通じて、自衛隊への理解を深めて頂けたと思います。


百里基地モニター行事(令和3年5月19日)

 百里基地は、令和3年度及び2年度の百里基地モニターの皆様をお招きし、コロナ禍の影響で開催が延期されていた「委嘱行事」及び「意見交換会」を執り行いました。

 基地モニター制度は、基地周辺市町村にお住いで、自衛隊・防衛問題に関心があり、公正で建設的な意見を述べていただける方の中から、毎年10名を選考させていただき、 基地行事への参加や基地見学等を通じて、我々の活動に対するご理解を深めていただくとともに、様々なご意見やご要望を伺うものです。任期は委嘱したその日から翌年の3月31日までとなっています。
 3年度モニターの皆様、よろしくお願い申し上げます。2年度モニターの皆様、お疲れさまでした。


令和3年 成人祝賀行事(令和3年2月9日)

 百里基地は、新成人となる隊員の門出を祝福し、今後の更なる活躍を祈念するため「成人祝賀記念式典」を執り行いました。
 成人を迎えた隊員達は、決意を新たにし、これからの更なる成長、活躍を誓いました。若者たちの今後の活躍に期待します。



令和3年 年始行事(令和3年1月4日)

 令和3年1月4日(月)、百里基地は、新春の清々しい空の下、今年1年の地上・飛行安全を祈願し、「だるま目入れ式」を執り行いました。
 隊員が見守る中、各部隊長等が順に筆を入れ、最後に百里基地司令が左目を完成させ、百里一丸となって安全を確保していく決意を新たにしました。
 翌5日(火)には、「飛行初め」として、令和3年の飛行訓練を開始し、基地所属機が大空へ次々と飛び立ちました。