第2整備群

ホーム > 部隊紹介 > 第2整備群

第2整備群

第2整備群司令 挨拶


       3代 第2整備群司令

 階級  1等空佐
 氏名  若林 友和(わかばやし ともかず)       
 期別  防衛大学校(第44期)         
 出身  愛知県
 職種  航空機整備        
 令和4年9月 第2整備群司令に就任
 


 警戒航空団第2整備群のホームページをご覧頂き誠にありがとうございます。         
 令和4年9月15日付で警戒航空団第2整備群司令を拝命致しました若林 友和です。         
 第2整備群は、静岡県浜松市に所在し、警戒航空団が保有する早期警戒管制機(E-767)の整備、修理等を行うことを主たる任務としています。日本の平和を維持するためには、常時継続的な情報収集・警戒監視を行う態勢を保持することが極めて重要です。第2整備群は、一致団結して信頼性の高い航空機を常に提供できるよう、日々邁進して参ります。         
 皆様のご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。     



経歴

  平成12年  9月 第83航空隊(那覇)
  平成16年  9月 第2補給処(岐阜)       
  平成18年  4月 補給本部(十条)       
  平成20年 12月 第3航空団(三沢)       
  平成23年  3月 幹部学校付(目黒)       
  平成24年  3月 航空幕僚監部装備部装備課(市ヶ谷)       
  平成25年  3月 航空幕僚監部防衛部防衛課(市ヶ谷)       
  平成28年  3月 第6航空団(小松)       
  平成29年  8月 第2補給処資材計画部資材計画課長(岐阜)         
  平成31年  4月 幹部学校付(目黒)       
  令和 2年  8月 航空幕僚監部人事教育部人事計画課制度班長(市ヶ谷)       
  令和 4年  9月 現職

        

部隊紹介

 第2整備群は、主として早期警戒管制機(E-767)の整備業務に従事している部隊です。     
 組織編成は、群本部、整備隊、装備隊、修理隊と4つの部隊で編成されています。日夜、警戒監視任務で飛び続ける早期警戒管制機が常時継続的に安定的な能力を発揮できるよう4つの部隊が協力して整備しています。  
群本部は、群の全般統制を行っており、整備隊は航空機全般の整備、装備隊はレーダーや通信システム系統の整備、修理隊は油圧など各系統の整備を行っています。
 我々、第2整備群全隊員(整備員、総務員、人事員及び補給員)は、一丸となり、日本の平和と安全を最前線で守っているとの誇りをもって、常に最高の品質の航空機を提供していきます。