航空救難団の装備

ホーム > 航空救難団の紹介 >航空救難団の装備>U-125A

救難捜索機 U-125A

                   
                  

  捜索レーダーや援助物資投下機構などの装備で遭難者を救援します。

   

 U-125Aは、救難捜索機MU-2の後継機と位置付けられています。
 MU-2に比べ、性能、能力ともに一段と向上しました。捜索レーダー、赤外線暗視装置の装備による捜索能力の向上、さらに援助物資投下機構を装備したことによって、遭難者に対する延命も含めた援助能力が向上したことが特徴です。
 近年は、作戦機の行動範囲が広がっており、それに対応した救難能力の強化を図ることができます。
 初号機は平成7年、航空自衛隊に納入されました。

  

主要諸元

 主要スペック

乗員  4名
全幅  15.66m
全長  15.60m
全高  5.36m

 エンジン

搭載数 2基
名称 TFE731-5R-1H
推力 1,950kg/基
型式 ターボファン・エンジン

 性能

最大離陸重量 26,866lbs
最大速度 442kt(約820km/h)
航続距離 約2,200nm(約4,000km)