トップページ第3護衛隊群について→ひゅうが

ひゅうが

艦長ご挨拶

艦長 1等海佐 川内 健治 歳 長崎県出身

 平成30年3月16日付で第5代護衛艦「ひゅうが」艦長を拝命した川内です。
 本艦は「ひゅうが」型護衛艦の一番艦として株式会社IHI(アイ・エイチ・アイ)マリンユナイテッド横浜工場において、建造され、平成21年3月に就役、第1護衛隊群(横須賀)に編入されました。平成27年3月25日に第3護衛隊群に編入され、舞鶴を母港とされました。
 艦名は、宮崎県の旧国名である日向国に由来しています。旧海軍時代に、戦艦(のちに航空戦艦に改造)として運用された「日向」と同じ名前です。
 本艦は、DDHとして、多数のヘリコプターを運用する能力を有しています。これまで東日本大震災をはじめ、各種防災訓練や米国派遣訓練に従事してきました。日本海の守りとして、また我が国の平和と安全を守るため、より一層精進して参りますので、よろしくお願いします。

歴代艦長

    階 級   氏 名           期 間
 初 代  1等海佐  山田 勝規  平成21年 3月18日〜平成23年 4月10日
 2 代  1等海佐  田邉 明彦  平成23年 4月11日〜平成25年 8月29日
 3 代  1等海佐  岡田 岳司  平成25年 8月30日〜平成27年11月30日
 4 代  1等海佐  矢野 幸浩  平成27年12月 1日〜平成30年 3月15日
 5 代  1等海佐  川内 健治  平成30年 3月16日〜現 在

先任伍長ご挨拶

先任伍長 海曹長 織田 陽介 歳 京都府出身

 この度「護衛艦ひゅうが」先任伍長を拝命いたしました織田曹長です。
 「護衛艦ひゅうが」は京都府舞鶴市を母港とし、日本の海を守るため、また災害が起こった際に被災者の助けとなるために乗員一同、日夜訓練に励んでいます。
 今後とも「護衛艦ひゅうが」へのご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

ページトップ