本文へスキップ

航空自衛隊は平和と安定、そして独立を守るために防衛の「鍵」として任務を遂行しています。

TEL. 042-553-6611 代表

〒197-8503 東京都福生市大字福生2552

トピックスTOPICS

TOPICS No42
■横田基地日米友好祭(平成30年9月15日(土)、9月16日(日))
 2日間にわたり、米軍主催の「横田基地日米友好祭」が開催されました。
 航空自衛隊横田基地としては、ステージでのイベントや装備品の展示等で会場を盛り上げました。
 ステージでは、地元の「光江流江戸芸かっぽれ」をはじめ、駒澤大学吹奏楽部によるマーチング演奏が行われました。また、横田基地所属隊員のみならず、他の自衛隊基地等からもイベントへの参加がありました。防衛大学校と高等工科学校によるドリル演技、各航空自衛隊基地隊員による太鼓部(入間修武、浜松龍武及び横田武蔵)、よさこい(十条燐舞隊・横田蒼空会)、百里基地エイサー部、入間軽音楽部、和楽器(朋之囃子連)の演奏や演武が行われました。
 2日目の最後のイベントでは、花柳千衛里会と福生市防衛協会女性部による日米友好踊り(盆踊り)が行われ、大盛況のうちに終えることができました。
 加えて、ペトリオットPAC-3発射機、軽装甲機動車等の装備品展示や、ミニ制服の試着等も行いました。こちらも非常に好評で、航空自衛隊のPR活動を行うことができました。
 2日間通して、激しい気温の寒暖差や大雨などの悪天候であるにも関わらず、非常に多くの方にご来場いただきました。心から感謝申し上げます。

スライドショー付きで紹介します。

TOPICS No41
■2018年横田基地日米友好祭について
 日時:平成30年9月15日(土)、9月16日(日) 0900~2000
 ★航空自衛隊のイベントも両日開催

日米友好祭ポスター


空自イベント内容


TOPICS No40
■第22回みずほサマーフェスティバルに参加(平成30年8月18日(土))
 瑞穂町観光協会主催のイベントに、航空自衛隊横田基地として参加しました。堀井作戦システム運用隊副司令以下32名の横田基地所属隊員が、瑞穂音頭流し踊りコンクールに出場し、練習を重ねてきた踊りを披露しました。
 昨年は、荒天のためコンクールは中止となりましたが、今年は晴天にも恵まれ、爽やかに踊ることができました。結果、航空自衛隊横田基地は「特別賞」を受賞いたしました。
 当日応援していただきました皆様、ありがとうございました。
スライドショー付きで紹介します。

TOPICS No39
■第68回福生七夕まつりに参加(平成30年8月3日(金))
 8月2日(木)から8月5日(日)の4日間にかけて行われた福生七夕まつりのイベントの一つ「民謡パレード」に、航空自衛隊横田基地として参加しました。齋藤基地司令以下39名の横田基地所属隊員が、ピクルス・パセリのキャラクターを先頭に、練習を重ねてきた踊りを披露しました。
 残念ながら、パレードの途中で急な雷雨に見舞われ、今年のパレードは中止となってしまいました。しかし、沿道からの声援を受けながら、全4種類の踊りを披露することができ、地域の皆様との融和親睦を図ることができました。
スライドショー付きで紹介します。


TOPICS No38
■日米友好観桜会(平成30年4月1日(日))
 春爛漫、満開の桜に囲まれ、航空自衛隊横田基地も平成30年度の基地運営をスタートさせました。
 今年は昨年よりも桜の開花が早く、3月下旬には満開となりました。航空自衛隊横田基地もこの満開の桜の下、「日米友好観桜会」を開催することができました。
 当日は、基地司令をはじめ横田基地所在部隊長等、米空軍主要幹部等、横田基地協力会及び横田基地OBの方々にご参加いただき、貴重な意見交換の機会を得ることができました。
  また、当日は晴天にも恵まれ、桜吹雪の舞う中、航空自衛隊隊員による「篠笛」の演奏と、横田基地蒼友会による「よさこい」の力強い演舞が繰り広げられ、大盛況のもと終了することができました。
 ご参加いただきました皆様には、心から感謝申し上げます。
スライドショー付きで紹介します。

TOPICS No37
■平成30年航空自衛隊横田基地新年賀詞交歓会(平成30年1月9日(月))
 今年も、フォレスト・イン昭和館(昭島市)において開催されました。当日は、約600名近くの皆様にお越しいただきました。ご来賓として、議員の皆様、周辺自治体の長や米軍主要幹部等多数のご臨席を賜りました。
  本年も航空自衛隊横田基地をよろしくお願いいたします。
スライドショー付きで紹介します。

TOPICS No36
■平成29年横田基地餅つき行事(平成29年12月15日(金))
 航空自衛隊横田基地は、毎年恒例の基地餅つきを開催しました。 航空自衛隊隊員を始め、横田基地協力会役員、横田基地OB会役員、及び米軍主要幹部等、多くの方に参加していただきました。
 会場では、法被を着た日米参加者の「よいしょ」の掛け声と共に餅をつき、また餅作りコーナーでは、つきたての餅を丸めたりその場で食したりと、特に米軍関係者にとっては、日本の文化・伝統である餅つきに直接触れることのできる機会となりました。
 会場は終始賑やかで、「和」の雰囲気に包まれていました。

スライドショー付きで紹介します。

TOPICS No35
■横田基地日米友好祭(平成29年9月16日(土)、17日(日))
 横田基地日米友好祭が平成29年9月16日(土)、17日(日)の2日間に渡り開催されました。
 航空自衛隊横田基地はステージを設け、関東地区の空自基地の協力を得て、「太鼓部(入間修武及び横田武蔵)、百里基地エイサー部、十条燦舞隊、入間基地音楽部、横田蒼空会」による演舞や演奏のほか、歌手でご活躍の「KANA」、地元から「光江流江戸芸かっぽれ」、「月宵草」による歌や踊りを披露していただきました。また、毎年大盛況である「航空中央音楽隊」の演奏と「駒澤大学吹奏楽部」によるマーチング演奏、横田基地では初となる「防衛大学校」によるドリル演技も実施しました。空自イベントの最後は、「花柳千衛里会、福生市及び瑞穂町防衛協会女性部」の皆様による日米友好踊りを行い米軍司令官等も参加され大盛況のうちに終えることができました。
 加えて、ペトリオットPAC-3発射機、軽装甲機動車等の装備品展示やミニ制服の試着も行い好評でした。  悪天候にもかかわらず、多くの方にご来場いただき、心から感謝申し上げます。

スライドショー付きで紹介します。

TOPICS No34
■2017年横田基地日米友好祭への航空自衛隊輸送機の参加について
 航空自衛隊輸送機が、人道支援・災害救援活動に係る物資補給のための物料投下を、日米友好祭においては初めて展示します。日程等は次の通りです。

 使用機種 C-130H輸送機×1機
 物料投下 平成29年9月15日(金)(予行日)1個の物料投下
      平成29年9月16日(土)及び17日(日)(友好祭)各日1個の物料投下
 その他  日米友好祭に先立ち、平成29年9月11日(月)(予備日12日(火))に飛行経路確認のため飛来予定

TOPICS No33
■2017年横田基地日米友好祭について
 日時:平成29年9月16日(土)、9月17日(日) 0900~2000
 ★航空自衛隊のイベントも両日開催

日米友好祭ポスター


空自イベント内容


TOPICS No32
■横田移転5周年記念行事「日米友好観桜会」(平成29年4月2日(日))
 航空総隊司令部等が府中基地から横田基地へ移転し5年を経過したことを記念し、「日米友好観桜会」を開催しました。前日の雨がうそのように朝から晴れ渡り、絶好の観桜会日和となりました。本行事は、この5年間、大きな問題もなく基地を運営することができ、緊密な日米連携及び地域連携を築くことができたのは米軍及び地域の皆様と移転事業を成し遂げられた先輩達のご理解、ご協力のお陰との想いから、米軍、基地協力会及び基地OB会の皆様に対する感謝の気持ちを込めて計画しました。和やかな雰囲気の中で5年間の思い出を語り合う等、絆を深めることができました。
スライドショー付きで紹介します。

TOPICS No31
■横田移転5周年記念行事「ファミリーデイ」(平成29年3月27日(月))
 航空総隊司令部等が府中基地から横田基地へ移転し5年を経過したことを記念し、「ファミリーデイ」を開催しました。あいにく朝からの雨によって一部プログラムを変更することになりましたが、隊員及び家族126名の参加がありました。本行事は、平素から隊員が仕事に邁進できるのは家族の理解があってとの想いから、家族に対する感謝の気持ちを込めて計画しました。空自装備品や米軍C-130航空機を見学した後、最後に航空中央音楽隊による演奏会に参加し、本行事は終了しました。
スライドショー付きで紹介します。

TOPICS No30
■平成29年航空自衛隊横田基地 新年賀詞交歓会(平成29年1月17日(火))
新年の幕開けとして、航空自衛隊横田基地新年賀詞交歓会をフォレスト・イン昭和館(昭島市)において開催しました。当日は、朝から快晴の中、600名近い方々の御参加を頂き盛会となりました。御来賓として、石塚瑞穂町長、並木羽村市長、加藤福生市長、臼井昭島市長、清水立川市長、藤野武蔵村山市長、井上信治衆議院議員、木原誠二衆議院議員、宇都隆史参議院議員、小田原潔衆議院議員、アイゼンハット第5空軍参謀長をはじめ、多数の御臨席を賜りました。
スライドショー付きで紹介します。

TOPICS No29
■平成28年横田基地もちつき行事(平成28年12月14日(水))
平成28年12月14日(水)に航空自衛隊横田基地は、恒例の基地もちつき行事をしました。空自隊員をはじめ、横田基地協力会会長、基地協力会員、横田基地OB会会長、米軍第374空輸航空団司令官他米軍人及び米軍関係者が多数参加しました。特に米軍人の中には、「初めて餅をついた。」「初めて食べた。」という人もいましたが、皆さん、日本の伝統行事を楽しんでいました。
スライドショー付きで紹介します。

TOPICS No28
■平成28年防衛省共済組合本部長表彰(平成28年12月6日(火))
平成28年12月6日(火)に防衛省共済組合横田支部は、福利厚生の施策を積極的に推進し、組合業務の的確な運営に寄与した功績が認められ、防衛省共済組合本部長である防衛事務次官より表彰を受けました。
スライドショー付きで紹介します。

TOPICS No27
■空自英語競技会にて準優勝(平成28年11月21日(月)、22日(火))
 作戦システム運用隊は、岐阜基地で行われた航空自衛隊英語競技会に幹部、准曹士及び通訳部門に出場しました。今年6月から訓練を実施し、7月に行われた航空総隊直轄英語競技会にて優勝した准曹士隊員は、航空自衛隊英語競技会での准曹士部門で準優勝しました。
スライドショー付きで紹介します。

TOPICS No26
■瑞穂町産業まつりに参加(平成28年11月12日(土)、13日(日))
作戦システム運用隊は、瑞穂町が実施した第46回瑞穂町産業まつりに参加しました。航空自衛隊の保有している軽装甲機動車や防弾チョッキの展示のほか、広報展示コーナーにて広報ビデオ及びパンフレット等により自衛隊の活動内容等をPRしました。平成24年3月に横田基地に移転以降、今年で4回目の参加となっています。


TOPICS No25
■基地司令感謝状贈呈式(平成28年11月11日(金))
 平成28年11月11日(金)に基地司令感謝状贈呈式を実施しました。平素より航空自衛隊に対してご支援、ご協力を頂いている方々に対して航空自衛隊横田基地司令より感謝状を贈呈しました。今年度は、横田基地協力会理事の原島 茂樹様、村上 嘉男様、クリーニングハウスタカ代表の田中 守様(ご長男の伸英様が代理出席)の3名が受賞されました。


TOPICS No24
■平成28年度福生市総合防災訓練に参加(平成28年10月23日(日))
 作戦システム運用隊は、福生市が計画する平成28年度総合防災訓練に参加し、炊き出し訓練及び広報展示を実施しました。炊き出し訓練については、基地業務隊給養員等により、カレーライス300食分を作り希望者に配食したほか、広報展示コーナーでは、広報ビデオ及びパンフレット等により自衛隊の活動内容等をPRしました。
 航空自衛隊が福生市の防災訓練に参加するのは今回が初めてでありましたが、今後も積極的に参加し、防災関係機関として周辺自治体等との連携を深めていきたいと思います。
スライドショー付きで紹介します。

TOPICS No23
■秋も深まりつつある10月14日(金)航空自衛隊横田基地司令主催の横田基地日米綱引き大会が開催されました。
航空自衛隊、米空軍それぞれ6チーム、参加人数総勢約170名で、優勝杯を目指し競い合い、結果は、優勝:総隊司令部(チーム名「一丸」)、準優勝:第374空輸航空団使命支援群、第3位:作戦システム運用隊(チーム名「OSWタイガーチーム」)でした。大会後は懇親会を開催し、更なる日米友好の絆を深めました。
スライドショー付きで紹介します。

TOPICS No22
■横田基地日米友好祭が平成28年9月17日(土)、18日(日)の2日間に渡り開催されました。
 昨年と同様に米軍格納庫内にステージを設け、関東地区の空自基地の協力を得て、太鼓部(入間修武及び横田武蔵)、百里基地エイサー部、横田蒼空会による演舞や演奏のほか、地元からE.H infinity及びエンジェルズ・ハーフによるダンスを披露していただきました。また航空中央音楽隊とPACAFバンドとのコラボによる迫力ある演奏、昨年に引き続き大盛況であった駒澤大学吹奏楽部によるマーチング演奏、それから横田基地では初となる高等工科学校による若々しさ溢れるドリル演技も実施しました。空自イベントの最後は、花柳千衛里会、福生市及び瑞穂町防衛協会、米軍の皆様による日米友好踊りを行い大盛況のうちに終えることができました。
 また、ペトリオットPAC-3発射機、軽装甲機動車等の装備品展示やミニ制服の試着などを行い好評でした。
 悪天候にも関わらず、多くの方にご来場いただき、心から感謝申し上げます。


TOPICS No21
■9.11 Tower Runに参加(平成28年9月9日(金))
 米空軍関東地区消防士協会の主催で毎年9月上旬に開催されるTower Runに航空自衛隊横田基地から作戦システム運用隊1チーム(4名)が参加しました。この企画は2001年9月11日、ニューヨークで起きたテロによって殉職した343人の消防士を追悼する為に計画されたものです。
※本競技は、毎年9月上旬に開催され、米軍、航空自衛隊及び近隣消防関係者が参加します。1チーム4名で当時の事故現場であるワールドトレードセンター110階に相当する階段を空気呼吸器を背負い階段を昇降する競技です。



TOPICS No19
■第20回みずほサマ―フェスティバル(流し踊りコンクール)に参加(平成28年8月20日(土))
  瑞穂町観光協会が主催で毎年8月下旬に開催される夏のイベント「みずほサマ―フェスティバル(流し踊りコンクール)」に航空自衛隊横田基地から、福原作戦システム運用隊副司令以下30名の隊員が流し踊りコンクールに参加しました。コンクールの結果は、瑞穂町長賞を受賞いたしました。
※本流し踊りコンクールは、17時30分から19時頃まで開催され、町内から15団体が参加し6団体が表彰されます。
(参加部隊:航空総隊司令部、航空戦術教導団司令部、作戦情報隊、作戦システム運用隊及び横田気象隊)


TOPICS No18
■第66回福生七夕まつりに参加(平成28年8月5日(金))
  8月4日から7日にかけて開催された「第66回福生七夕まつり」の2日目に行われる民謡パレードに今年も航空自衛隊横田基地から鎌田司令以下42名の隊員がピクルス・パセリのキャラクターを先頭に約1.6kmを2時間かけて踊りパレードに参加しました。(参加部隊:航空総隊司令部、航空戦術教導団司令部、作戦情報隊、作戦システム運用隊、横田気象隊及び第4補給処横田通関班)
※本パレードは、午後5:30から午後8:40まで開催され、市内の38団体1,914名の踊り手が参加する福生七夕まつりのイベントのひとつです。


TOPICS No17
■平成28年1月18日(月)2016年の幕開けとなる航空自衛隊横田基地新年賀詞交歓会がフォレスト・イン昭和館(昭島市)において、前夜からの大雪による足下の悪い中、来賓及び招待者約500名の御参加のもと、盛大に開催されました。 来賓には、周辺自治体から藤野武蔵村山市長、石塚瑞穂町長、並木羽村市長、加藤福生市長、北川昭島市長、清水立川市長をはじめとして井上信治衆議院議員、佐藤正久参議院議員、小田原潔衆議院議員、クラム第5空軍副司令官の御臨席を賜りました。

主催者挨拶(鎌田横田基地司令)


鏡開き


横田蒼空会によるよさこいを披露          横田武蔵太鼓部による太鼓演武を披露


歓談風景


JASDF YOKOTA




このサイトの一部をご覧頂くためには、FLASH PLAYERとADOBE READERが必要です。


since 2012.07.02