本文へスキップ

地域社会と自衛隊を結ぶ自衛隊大分地方協力本部

TEL.(097)-536-6271〜2(FAX兼用)

〒870-0016 大分県大分市新川町2丁目1番36号
大分合同庁舎5F

本部長あいさつ


 皆様、こんにちは。
 自衛隊大分地方協力本部(大分地本)のホームページにお越しいただきありがとうございます。
 本部長の井村昭利(いむらあきとし)です。

井村 昭利(いむら あきとし)1等陸佐
昭和48年2月23日生まれ
熊本県出身
防衛大学校(電気工学)39期卒(平成7年3月)


自衛隊地方協力本部とは

 全国50ヵ所(各都府県1ヶ所、北海道4ヶ所)に置かれている自衛隊の窓口です。“地域社会と自衛隊との懸け橋”として、各地域での防衛省・自衛隊の広報活動、自衛官などの募集活動、定年や任期満了により退職する自衛官の就職をサポートする活動、予備自衛官等の訓練や招集に関する調整、手続きなどを行っています。

陸・海・空自衛官などの募集活動

 自衛隊は“国の緊急事態”の中で、日本を守ることを任務としていますので、自衛隊だけで活動すること(自己完結)ができるよう、いろいろな機能(職種・職域)を備えています。一般的に自衛隊と言えば「毎日毎日ほふく前進」的な訓練を行っているイメージが強いかもしれませんが、第一線での国土防衛や、災害派遣等の救助活動に関わる分野はもとより、食糧、燃料等の補給、通信、装備品の整備、会計、衛生、私たちのような広報などに至るまで、自衛隊には実に幅広い職務があります。そういった様々な職種・職域の中に、自分の可能性を見つけることができるかもしれないという、“職業としての魅力”を広くお伝えし、「仕事、職業の選択肢の一つ」として皆様に認識していただければと思っています。もちろん、志願していただいた方の試験や入隊までの準備、手続きのお手伝いの他、入隊してからの悩みの相談なども、私達の重要な仕事です。

退職する自衛官の就職をサポートする活動

 自衛隊に入隊する方の凡そ半分は任期制隊員(2〜3年を1任期として勤務する隊員)です。任期が終了した後も任期を更新して勤務し、“陸曹・海曹・空曹”となっていく隊員と、任期を満了し、民間の企業で働く隊員とに分かれます。このような任期満了や、定年(自衛官の定年は他の公務員と比較して早い)した後に民間企業等で働く隊員たちが、自衛官として最後まで後顧の憂いなく任務を果たすことができるよう、再就職に関しての全面的なサポート活動を行っています。
 隊員たちが民間企業に再就職し、自衛隊で培った技術、能力、経験を活かして活躍してもらえれば、日頃から自衛隊の活動にご理解、ご協力をいただいている社会への貢献に繋がると思いますし、また、隊員たち自身の第二の人生も充実したものになるでしょう。そして、このような社会・民間企業等への貢献の積み重ねが、新たな時代の防衛力の充実にもつながっていくものと信じています。

 今後も、防衛省、自衛隊、大分地方協力本部に対しての、変わらぬご理解、ご協力を宜しくお願い致します。


自衛隊大分地方協力本部

〒870-0016
大分県大分市新川町2丁目1番36号
大分合同庁舎5F

TEL (097)-536-6271〜2(FAX兼用)