米海軍主催多国間共同訓練(RIMPAC2024)への参加について

目的

海上自衛隊の戦術技量の向上並びに参加国との相互理解の増進及び信頼関係の強化

米海軍主催多国間共同訓練(RIMPAC2024)について

期間 令和6年6月27日(木)~8月2日(金)
訓練海空域 ハワイ諸島及び同周辺海空域等
派遣部隊
(1)海上自衛隊
  ア 第1水上部隊
    (ア)指揮官
       第3護衛隊群司令 海将補 横田 和司(よこた かずし)
    (イ)派遣部隊
       輸送艦「くにさき」(第1水上部隊)、護衛艦「はぐろ」(第2水上部隊)
  イ 第1航空部隊
    (ア)指揮官
       第12飛行隊長 2等海佐 川端 真吾(かわばた しんご)
    (イ)派遣部隊
       第1航空群(P-1)(第1航空部隊)
  ウ その他
       派遣幕僚等約95名
訓練項目 各種戦術訓練(対潜戦訓練、ミサイル射撃訓練等)及びHA/DR※訓練
※ HA/DR(Humanitarian Assistance/Disaster Relief):人道支援・災害救援
その他 RIMPACは、1971年からほぼ隔年毎実施され、今回で29回目となります。また、海上自衛隊は1980年から参加しており、今回で23回目の参加となります。

米海軍主催多国間共同訓練(RIMPAC2024)