第64次南極地域観測協力

概要

 令和4年11月11日(金)~令和5年4月10日(月)、海上自衛隊は砕氷艦「しらせ」による第64次南極地域観測協力を実施します。

乗組員

砕氷艦「しらせ」艦長 1等海佐 波江野 裕一 (はえの ゆういち)
乗員約180名

行動の概要

協力の概要

第64次南極地域観測協力では、次のような協力を行います。

人員輸送

【往路】
 67名(東京~フリーマントル)
 69名(フリーマントル~南極基地)
【復路】
 73名(南極基地~フリーマントル)

物資輸送

【往路】
 約1,120トン
【復路】
 約280トン(廃棄物等持ち帰り物資)

支援作業

【往路】
 ア 艦上観測支援
 イ 野外観測支援
 ウ 基地設営支援

その他

 新型コロナウイルス感染症拡大の状況を踏まえ、砕氷艦「しらせ」は11月1日(火)から11月11日(金)の10日間、乗組員全員に対する健康観察を行うとともに、2回のPCR検査を実施します。

写真で見る砕氷艦「しらせ」活動の様子

(R5.01.20~R5.01.25)採氷作業、野外観測支援、昭和基地離岸、海底地形測量等

(R5.01.05~R5.01.19)航空輸送、野外観測支援、氷上調査、採氷作業等

(R4.12.22~R5.01.04)氷上輸送、基地設営支援、野外観測支援、昇任伝達等

(R4.12.16~R4.12.21)砕氷航行、航空機確認、航空機試飛行、定着氷進入等

(R4.12.09~R4.12.15)荒天航行、海洋観測支援、越年準備、流氷域航行等

(R4.12.02~R4.12.08)オーロラ、海洋観測支援、氷山初視認、航行支援等

(R4.11.25~R4.12.01)航空機整備作業、フリーマントル入港作業、荒天準備等

(R4.11.12~R4.11.24)しらせ大学、艦上体育、赤道祭等

(R4.11.11)出国行事