沿 革
明治34年10月に舞鶴鎮守府が設置され、その後第二次世界大戦の終わりまで海軍の基地として発展しました。

敗戦により昭和20年10月に海軍を廃止 昭和27年4月に保安庁警備隊発足同8月に舞鶴地方隊が新編され、 舞鶴地方総監部、舞鶴、新潟各航路啓開隊が置かれる。

昭和29年7月防衛庁創設に伴い、海上警備隊は海上自衛隊となり現在に至る。